イノベーション・ジャパン2017 ~大学見本市&ビジネスマッチング~
Innovation Japan 2017
Home > 大学発ベンチャー表彰2017 > ティエムファクトリ株式会社
マテリアル・リサイクル

東京都

ティエムファクトリ株式会社

代表取締役 山地 正洋

超軽量透明断熱材SUFA(スーファ)の事業化

現在使われている断熱材料には、グラスウールやウレタンフォームなど、不透明なものしかありません。そのため、建物や自動車の窓といった透明でなければならない部分には断熱材を使うことができず、そこからの熱損失は、低エネルギー消費社会を実現していく上で大きな課題となっております。わたしたちが京都大学とともに開発したSUFA(スーファ)は、世界初の汎用エアロゲルとして、こうした課題の解決に向けた新しいソリューションを提供していきます。

出展ゾーン
大学発ベンチャー表彰2017
小間番号
VU-02

出展概要

製品・技術の名称
超軽量透明断熱材SUFA(スーファ)の事業化

 

展示の概要
京都大学と共同で開発した、地球上の透明固体の中で最も軽く、最も高い断熱性能を持つエアロゲルの一種であるSUFAの実用化を行っている。従来、コストが高く、一般利用は困難であったエアロゲルのコスト高の要因であった超臨界乾燥装置を不要とし、1/60という超低コストを実現した。

 

コアの技術
SUFAは骨格構造が柔軟なため、蒸発時の表面張力をうまく逃がすことができ、常圧下で乾燥させても破壊されない。よって、超臨臨界乾燥装置が不要となった。

 

特許情報
特許第5250900号

特徴・ポイント
・他社品と比べてコストが1/60と、圧倒的に安く量産化することが可能
・既存の透明材には無い、圧倒的な低密度&低熱伝導率
・あらかじめ疎水性(=撥水性)を持っているため、水分による劣化が起きない
・透明性が不要な用途でも、単位体積あたりの断熱性能重視であれば一定のシェアを確保可能

 

想定される提携先・提携先へのメリット
建材メーカーにおいては、ペアガラスの間にSUFAを挟むことでトリプルガラスと同等の断熱性能が得られるため、窓材の軽量化によって、断熱性能と重量のトレードオフが解消できる。

 

主な実績
・平成26年度中小企業庁ものづくり助成金獲得
・平成26年度NEDO「スタートアップイノベーター(SUI)」採択、約7,000万円獲得

 

 

モノリス形状のSUFA

モノリス形状のSUFA

支援大学・企業等

国立大学法人京都大学大学院
理学研究科化学専攻准教授 中西 和樹

YKK AP株式会社
経営企画室 事業開発部長 東 克紀

出展者プロフィール

ティエムファクトリ株式会社
資本金:1億7,000万円(資本準備金込み)
従業員数:13名
設立:2012年11月2日
業務内容:機能性材料を用いた製品の研究開発、製造販売

お問い合わせ先

ティエムファクトリ株式会社

電話:03-6629-3170   FAX:03-6629-3171

URL:https://www.tiem.jp/

Copyright © 2017   イノベーション・ジャパン2017運営事務局 All Rights Reserved.

PageTop