イノベーション・ジャパン2017 ~大学見本市&ビジネスマッチング~
Innovation Japan 2017
Home > 出展者一覧 > 株式会社真壁技研
マテリアル・リサイクル
宮城県

株式会社真壁技研

小間NZ-09
プレNZ-09

アルミ合金鋳物用革新的組織微細化剤の創製と生産プロセス開発

ガスアトマイズ粉末を用いた組織微細化剤によりアルミ合金鋳物の強度を飛躍的に向上

出展ゾーン
NEDOゾーン
出展分野
マテリアル・リサイクル
小間番号
NZ-09
NEDOプレゼンテーション
NZ-09
9月1日(金)
NEDOプレゼンテーション 会場1
14:20

出展概要

製品・技術の名称
低酸素雰囲気下でガスアトマイズから放電プラズマ焼結までが一貫した組織微細化剤の製造プラントを開発

 

展示の概要
・異相界面マッチングを考慮した高性能・高付加価値を有する組織微細化剤
・ガスアトマイズにより作製した異質核粉末
・ガスアトマイズ装置のご紹介

 

コアの技術・特許情報
結晶粒微細化剤およびその製造方法(特願 2013-231357)

 

特徴・ポイント
 省エネ化社会の実現に向けて機械系構造部材の軽量化と小型化が求められている。種々の材料の中でも、純アルミや、アルミ合金(AC4AやADC12)は、比強度が高く、熱伝導性にも優れた材料として活用されている。
 本事業では、アルミ合金鋳物の機械的性質において、従来材と比較して、強度と伸びが2倍に向上させる革新的な組織微細化剤のパイロットプラントを開発した。
 当設備では同一の低酸素濃度雰囲気下にて、ガスアトマイズによる粉末製造から、分級・混合、放電プラズマ焼結が可能であり、アルミ合金鋳物(AC4A、ADC12等)を対象とした微細化剤を月産200kgで製造し、サンプル出荷を実施。
 また、当微細化剤は、鋳造材の材質に限定されず、母相との界面マッチングを考慮した異質核をオンデマンド的に選定することが可能である。さらには、SPSによる非平衡下での焼結プロセスにより、異質核とNa等の改良材を加算的に添加できることが特徴である。
(連携先:名古屋工業大学 渡辺・佐藤・知場 研究室)

 

想定される提供先・提供先へのメリット
自動車、バイク、電化製品等のアルミ系部品の鋳造・ダイキャストメーカー

 

主な実績
AC4A鋳造材に組織微細化材を添加することで、未添加の場合と比較して、引張と強度が2倍に向上することを実験的に確認。鋳造材の強度が飛躍的に向上することで、部材の薄肉化・軽量化が可能になり、省エネ化と高機能化に寄与できる。

 

 

組織微細化剤のパイロットプラント概要

パイロットプラント外観写真

出展者プロフィール

急冷技術を用いた新素材作製装置の製造販売とサンプル受託作製を行う研究開発型企業

お問い合わせ先

株式会社真壁技研・開発部門

電話:022-235-1614  

URLまたはメールアドレス:http://makabe-g.co.jp/

プライバシーポリシー
Copyright © 2017   イノベーション・ジャパン2017運営事務局 All Rights Reserved.

PageTop