イノベーション・ジャパン2017 ~大学見本市&ビジネスマッチング~
Innovation Japan 2017
Home > 出展者一覧 > 株式会社キノテック・ソーラーエナジー
マテリアル・リサイクル
東京都

株式会社キノテック・ソーラーエナジー

小間NZ-05
プレNZ-05

選択塩化法を用いた電炉ダストからの金属亜鉛回収プロセスの開発

東京大学との共同研究による選択塩化法と電気分解により金属亜鉛を回収する

出展ゾーン
NEDOゾーン
出展分野
マテリアル・リサイクル
小間番号
NZ-05
NEDOプレゼンテーション
NZ-05
9月1日(金)
NEDOプレゼンテーション 会場1
14:10

出展概要

製品・技術の名称
選択塩化法による電炉ダストからの金属亜鉛回収技術

 

展示の概要
1. 電炉ダスト発生量並びに処理の現状
2. 亜鉛市場の動向
3. 選択塩化方法の解説
4. 選択塩化による亜鉛回収プロセスについて
5. 開発体制と今後の開発計画

 

コアの技術・特許情報
1. 東京大学・松浦准教授との共同研究による選択塩化方法
2. 選択塩化を用いた電気亜鉛の製造方法
3. 高能率電気分解方法
 ・漏洩電極を防止する電極枠
 ・再結合を防止する煙突
 ・塩素ガスに同伴する塩化亜鉛補足方法

 

特徴・ポイント
従来の技術では、電炉ダスト中からは粗酸化亜鉛しか回収できず、また残渣は産業廃棄物として処分されていた。選択塩化と電気分解を組み合わせた方法では、経済的に電炉ダストから金属亜鉛を回収するとともに、残渣中からも金属鉄を回収し電炉へのリサイクルを可能とする。

 

想定される提供先・提供先へのメリット
電炉メーカーにおいては、処理費用を払って処分していた電炉ダストを有益な方法で処分することができます。

 

主な実績
実験室において、選択塩化→精製→電気分解の一貫プロセスが成功し、99.99%の純度の金属亜鉛を得た。また、残渣中の酸化鉄も金属鉄に還元できることを確認した。

 

 

選択塩化法を用いた電炉ダストからの亜鉛回収プロセス/Zinc Recycling Process form EF Dust using Selective Chlorination

関連URL

出展者プロフィール

鉄鋼を溶かし精錬する電気炉からは、大量のダストが排出され多くは産業廃棄物として処分されます。その中には亜鉛が酸化物として含まれています。そのダスト中の酸化亜鉛を金属亜鉛として回収するプロセスを東京大学と共同で研究しています。実験室では99.99%の高純度金属亜鉛の回収に成功しています。

お問い合わせ先

株式会社キノテックソーラーエナジー、母里社長

電話:080-2087-0769  

URLまたはメールアドレス:mori@kinotech.jp

プライバシーポリシー
Copyright © 2017   イノベーション・ジャパン2017運営事務局 All Rights Reserved.

PageTop