イノベーション・ジャパン2017 ~大学見本市&ビジネスマッチング~
Innovation Japan 2017
Home > 出展者一覧 > 株式会社エヌビィー健康研究所
ライフサイエンス
北海道

株式会社エヌビィー健康研究所

小間NL-06
プレNL-06

新しい作用機序による睡眠維持薬の実用化に向けた開発

従来の睡眠薬で効果の得られない患者さんに質の高い眠りを

出展ゾーン
NEDOゾーン
出展分野
ライフサイエンス
小間番号
NL-06
NEDOプレゼンテーション
NL-06
8月31日(木)
NEDOプレゼンテーション 会場1
11:10

出展概要

製品・技術の名称
新しい作用機序による睡眠維持薬

 

展示の概要
多くの人々が睡眠に何らかの不調を感じています。中でも高齢者の方、特に認知症患者さんの約半数は何らかの睡眠障害を伴っており、認知症の進行や、患者さん本人や看護する方の生活の質(QOL)を低下させる原因の1つになっています。当社では、高齢者の方の中途覚醒や早期覚醒といった問題に対処する新薬の探索を行い、認知症の症状改善や進行を遅らせることを目指しています。

 

コアの技術・特許情報
カゼインキナーゼ1(CK1)に対する新規分子標的薬シーズで、高い安全性とNREM睡眠量の持続的増加が期待される。
日米欧中国にて特許成立済み

 

特徴・ポイント
1)CK1は概日リズムに関与している酵素。
2)ヒトCK1の遺伝子突然変異により概日リズム障害が誘発される。
3)当社のCK1阻害薬は、分子量が比較的小さく、脳移行性が良好。
4)優れた酵素阻害選択性。
5)従来の睡眠薬とは異なる「睡眠の質の改善」に着目した睡眠障害治療薬

 

想定される提供先・提供先へのメリット
提供先:国内外の製薬企業、バイオ企業
メリット:潜在市場の大きい睡眠障害治療薬シーズを、いち早く開発上市することができます。

 

主な実績
NEDO 平成28年度中堅・中小企業への橋渡し研究開発促進事業

 

 

当社開発化合物とCK1タンパク質の結合状態

関連URL

出展者プロフィール

株式会社エヌビィー健康研究所 創業:平成19年9月 資本金:1億5,925万円 従業員数:12名 当社は、呼吸器疾患、睡眠障害や感染症治療に対する革新的な新薬の研究開発に特化した、バイオテクノロジー企業です。中核技術としてGPCRに対する医療用機能性抗体の開発に関する最先端技術を有します。

お問い合わせ先

株式会社エヌビィー健康研究所

電話:011-708-7156   FAX:011-708-7157  

URLまたはメールアドレス:info@nbhl.co.jp

プライバシーポリシー
Copyright © 2017   イノベーション・ジャパン2017運営事務局 All Rights Reserved.

PageTop