イノベーション・ジャパン2017 ~大学見本市&ビジネスマッチング~
Innovation Japan 2017
Home > 出展者一覧 > 株式会社SEtech
超スマート社会・IoT
神奈川県

株式会社SEtech

小間NS-06
プレNS-06

画が出ないカメラ、センサ、画にならないカメラによる、ストレスフリーな見守り社会

新規開発カメラで双方のストレス低減、電力&情報量の削減、病変の早期発見に挑戦

出展ゾーン
NEDOゾーン
出展分野
超スマート社会・IoT
小間番号
NS-06
NEDOプレゼンテーション
NS-06
9月1日(金)
NEDOプレゼンテーション 会場2
14:55

出展概要

製品・技術の名称
特定領域で動きが有った時のみ画を出すカメラと、動体のみ情報が取れる便座カメラ

 

展示の概要
1)画が出ないカメラ
NEDO補助金で試作した動き検知カメラです。動作モードとしてはSleepとWake-Upを繰返し(居眠りカメラと命名)省エネを実現します。指定した特定領域での動きを検知し、動きがあった時のみ静止画を送信し、常時は画を出しません。
2)画にならないカメラ
同じくNEDO補助金で試作した便座カメラです。リニアセンサを用い、お尻は画になりません。大便の色をモニターし便潜血を日常的にチェックします。

 

コアの技術・特許情報
”画が出ないカメラ、センサ”は、カメラ、センサ内部で動き検知し、動きが無ければ画を出さず、動き検知情報に基づき後段システムのON/OFF制御する。またSleep/Wake-Upを繰り返す内容で、該当特許は特許第5604700号。PCTより各国移行済み。
”画にならないカメラ”はリニアセンサを用いた便座カメラで、関連特許は特許第5861977号がある。PCTより各国移行済み。
関連特許は、画が出ないカメラ、センサは特許第5747238号、超小型化・低コスト化は、特許第6051399号がある。24時間監視応用は特許第5604703号がある。

 

特徴・ポイント
特徴は、必要な時のみ(例えば立ち入り禁止区域での動き)画が出ることで、モニターする側、される側の双方にストレス低減になり、情報量が少なく情報活用率が高い、省エネ見守りシステムを提供できる。
 排便時に便潜血判定し、検査キットも採取も送付も不要のデイリーチェックで大腸癌の早期発見に挑戦する。今秋より臨床データ取得予定。

 

想定される提供先・提供先へのメリット
画が出ないカメラの提供先は、①監視カメラシステムメーカー(電源供給やデータダウンロードが困難な場所、動き少ない場所での監視)、②見守りが必要な病院・介護施設である。
メリットは見る側見られる側のストレスフリー、電力の省エネ、情報量の削減。
画にならないカメラは大手衛生機器メーカーで、メリットは便座への付加機能の追加。

 

主な実績
①NEDO研究開発型ベンチャー起業家候補支援補助金採択され、動き検知カメラ、便座カメラを試作(H28~29年活動)。NEDO-SUIドリームピッチで発表
②第一回かながわシニア起業家ビジネスグランプリで最優秀賞(神奈川県知事賞)受賞(H29.2)

 

 

画が出ないカメラを用いたストレス低減見守りシステム

画にならないカメラを用いた健康見守りシステム

関連URL

出展者プロフィール

大手電機メーカー退職後、個人で特許出願し登録されたのを契機にH27年起業。NEDO-SUI補助金にH28年採択され、登録特許を用いた2種類のカメラを試作し、協力企業、国立大学附属病院と共同評価開始。
神奈川県シニア起業家ビジネスグランプリで神奈川県知事賞受賞。

お問い合わせ先

株式会社SEtech 

電話:080-4473-8163  

URLまたはメールアドレス:hirokazu.sekine@setech.co.jp

プライバシーポリシー
Copyright © 2017   イノベーション・ジャパン2017運営事務局 All Rights Reserved.

PageTop