イノベーション・ジャパン2017 ~大学見本市&ビジネスマッチング~
Innovation Japan 2017
Home > 出展者一覧 > 大阪大学 大学院工学研究科 異方性カスタム設計・AM(3Dプリンター)研究開発センター
マテリアル・リサイクル

大阪大学 大学院工学研究科 異方性カスタム設計・AM(3Dプリンター)研究開発センター

中野 貴由 副センター長・教授

小間Z-23
プレ0901-東1-A-46

金属3Dプリンタ造形物の異方性制御ものづくり技術

Osaka University

Takayoshi NAKANO

Advanced control technique of anisotropy of 3D-printed metal products

9 産業と技術革新の 基盤をつくろう
出展ゾーン
大学等シーズ展示
出展分野
マテリアル・リサイクル
小間番号
Z-23
JSTショートプレゼン
0901-東1-A-46
9月1日(金)
JSTショートプレゼン東1-A
15:00

共同研究者

大阪大学 大学院工学研究科
教授 荒木秀樹

大阪大学 大学院工学研究科
特任研究員 玉岡秀房

展示概要

技術概要
金属3Dプリンタによるものづくりは、3次元CAD モデルを基にコンピュータ制御で作製することから、形状の制御が容易であり、複雑形状の製品を作製できることは知られている。我々は、形状の制御に加えて、材質も制御することにより、特別な異方性を有する製品を製造する技術を確立した。この技術により、必要な方向にのみ、特に優れた機能(強度や弾性率、衝撃吸収能など)を発揮する、全く新しいコンセプトの製品の製造が可能となる。

想定される活用例
・金属3Dプリンタを用いた方向制御タービンブレードの製造
・3Dプリンタを用いて、所望の方位を低ヤング率化させた金属インプラントの製造
・金属3Dプリンタを用いて、特定の方向に高い衝撃吸収性を持たせた自動車部品の製造

 

展示のみどころ
形状の制御に加えて、材質も制御することにより、特別な異方性を有する製品を製造する技術を確立した。この技術により、必要な方向にのみ、特に優れた機能(強度や弾性率、衝撃吸収能など)を発揮する、全く新しいコンセプトの製品を展示します。
(例)異方性カスタムタービンブレード、動物用異方性カスタムボーンプレート、異方性カスタム人工膝関節など

特許情報

特許情報1 発明の名称
ハイエントロピー合金を含有する構造物の製造方法
特許情報1 出願人
国立大学法人大阪大学
特許情報1 発明者
中野貴由、當代光陽
特許情報1 出願日
2016/10/4
特許情報1 出願番号
特願2016-212070
特許情報2 発明の名称
積層造形法によるシリサイド三次元造形法と造形品
特許情報2 出願人
国立大学法人大阪大学
特許情報2 発明者
中野貴由、蘇亜拉図、石本卓也、萩原幸司
特許情報2 出願日
2015年10月2日/2016年12月14日
特許情報2 出願番号
特願2015-244678/PCT/JP2016/087230
特許情報3 発明の名称
3次元造形物の積層造形法
特許情報3 出願人
国立大学法人大阪大学
特許情報3 発明者
中野貴由、孫世海、萩原幸司
特許情報3 出願日
2017/1/19
特許情報3 出願番号
特願2017-7454

お問い合わせ先

大阪大学 異方性カスタム設計・AM研究開発センター

電話:06-6879-4448   FAX:06-6879-7512  

URL:http://www.mat.eng.osaka-u.ac.jp/sipk/am/

プライバシーポリシー
Copyright © 2017   イノベーション・ジャパン2017運営事務局 All Rights Reserved.

PageTop