イノベーション・ジャパン2017 ~大学見本市&ビジネスマッチング~
Innovation Japan 2017
Home > 出展者一覧 > 広島大学 大学院工学研究科 応用化学専攻
低炭素・エネルギー

広島大学 大学院工学研究科 応用化学専攻

大山 陽介 教授

小間E-34
プレ0831-東1-A-50

新規機能性色素材料:デバイス、医療、センサー用まで

Hiroshima University

Professor Yousuke Ooyama

Novel Functional Dye Materials: Optoelectronic Devices, Medical treatment and Sensor

9 産業と技術革新の 基盤をつくろう
出展ゾーン
大学等シーズ展示
出展分野
低炭素・エネルギー
小間番号
E-34
JSTショートプレゼン
0831-東1-A-50
8月31日(木)
JSTショートプレゼン東1-A
15:20

展示概要

技術概要
・新規な縮環型ビスベンゾ[c]チオフェンの合成に成功した。本化合物は、高い平面性、高いモル吸光係数、高い発光量子収率を有するだけでなく、安定な酸化還元特性を示すことから、従来型の縮環型ベンゾチオフェン類を凌駕する光電変換・電光変換特性、発光特性および導電性が期待できる。
・有機溶剤中の超微量水分を検出・定量化できる蛍光性水センサーを開発した。本蛍光性センサーを利用すれば、試料中および試料表面の水1分子を検出・定量化かつ可視化(画像化)できるエポックメイキングな蛍光分析法の創成が期待できる。

想定される活用例
・有機電界効果トランジスタ(OFET)および有機薄膜太陽電池(OPV)
・有機エレクトロルミネッセンス(OLED)および光線力学的療法(PDT)
・微量水分検出・定量用の蛍光性センサー

 

展示のみどころ
サンプルの色調・発光色を演示。有機溶剤中の水分検出の可視化(蛍光発光)を演示。サンプルの合成法、スペクトル等をPCを使って説明。分子軌道計算ソフトを用いて、サンプルの構造を説明。

 

縮環型ビスベンゾ[c]チオフェン

縮環型ビスベンゾ[c]チオフェン

蛍光性水センサー

蛍光性水センサー

特許情報

特許情報1 発明の名称
化合物、化合物の合成方法及び有機半導体材料
特許情報1 出願人
広島大学
特許情報1 発明者
大山陽介、大下浄治
特許情報1 出願日
2017/3/1
特許情報1 出願番号
特願2017-045662
特許情報2 発明の名称
水分検出法
特許情報2 出願人
広島大学
特許情報2 発明者
大山陽介、播磨 裕
特許情報2 出願日
2011/3/22
特許情報2 出願番号
特許第5751667号
特許情報3 発明の名称
水分検出法
特許情報3 出願人
広島大学
特許情報3 発明者
大山陽介、播磨 裕
特許情報3 出願日
2009/10/29
特許情報3 出願番号
特許第5288560号

お問い合わせ先

広島大学 産学・地域連携センター

電話:082-424-4302   FAX:082-424-6189  

URL:https://www.hiroshima-u.ac.jp/iagcc/organization/sangaku/

プライバシーポリシー
Copyright © 2017   イノベーション・ジャパン2017運営事務局 All Rights Reserved.

PageTop