イノベーション・ジャパン2017 ~大学見本市&ビジネスマッチング~
Innovation Japan 2017
Home > 出展者一覧 > 目白大学 人間学部 子ども学科
医療

目白大学 人間学部 子ども学科

西山里利 准教授

小間W-15

看護用具・用品開発における看護実践体験の言語化支援

Mejiro University

Associate Professor NISHIYAMA SATORI

Support of Visualization of Nursing Practice Experience in a Development Process of the Nursing Equipments and Articles

12 つくる責任 つかう責任
出展ゾーン
大学等シーズ展示
出展分野
医療
小間番号
W-15

共同研究者

東京都市大学 都市生活学部
准教授 西山敏樹

京都大学 総合博物館
准教授 塩瀬隆之

展示概要

技術概要
研究者らが開発した看護実践体験言語化支援システムは、患者中心型デザインワークショップ(以下PCDWS)手法にUD*SD分類シートを取り入れた方式である。支援システムは、ファシリテータが予め本分類シートを把握後、ファシリテーション技法を用いて、ケア提供者と企業担当者で構成されるグループにファシリテートする方法である。なお、本分類シートは研究者らが考案した評価指標で、使い手の指標として、ユニバーサルデザイン(UD)の7原則、作り手の指標として、システムデザイン(SD)の3項目から構成される。

想定される活用例
・医療看護福祉分野の製品評価
・用具・用品開発(主に基本デザインの提案)
・看護行為に関するニーズ抽出
・医療看護福祉分野の技術教育

 

展示のみどころ
 PCDWS手法と実際、UD*SD分類シートと使用方法、看護用具・用品別看護実践体験の言語化の傾向、ファシリテーション方法・技法、ケア提供者と企業担当者のグルーピング方法、ワークショップの環境設定等について、画像を用いて紹介する。

お問い合わせ先

人間学部子ども学科 西山里利

電話:03-5996-3152   FAX:03-5996-3163  

URL:http://www.mejiro.ac.jp/

プライバシーポリシー
Copyright © 2017   イノベーション・ジャパン2017運営事務局 All Rights Reserved.

PageTop