イノベーション・ジャパン2017 ~大学見本市&ビジネスマッチング~
Innovation Japan 2017
Home > 出展者一覧 > 立命館大学 理工学部 機械工学科
マテリアル・リサイクル

立命館大学 理工学部 機械工学科

上野 明 教授

小間Z-16

破面写真のビッグデータを用いた破面特徴量の自動識別

Ritsumeikan University

Professor AKIRA UENO

Automatic distinction technology for fracture surface features by means of big data extracted from fracture surface micrograph

9 産業と技術革新の 基盤をつくろう
出展ゾーン
大学等シーズ展示
出展分野
マテリアル・リサイクル
小間番号
Z-16

展示概要

技術概要
工業製品が壊れた場合、その原因を究明する必要がある。その場合、壊れた製品等の壊れた面(=破面)に残されている模様を観察し、解析することで、製品等が壊れた原因を調べることができる。しかし、破面の模様を観察し解析するには、相応の知識と経験が必要である。一方、最近の発展著しいIT技術を用いることで、破面の有する特徴量を自動的に抽出できる。破面の電子顕微鏡写真の画素ライン(写真1枚で約1000ライン)のデータからリカレンスプロットを作成し、それを多数学習させることにより、破面特徴の自動抽出が可能である。

想定される活用例
・走査型電子顕微鏡への実装
・ディープラーニング機能を加味した全自動破面特徴量抽出システム
・破面観察に携わる技術者の支援システム

 

展示のみどころ
数種類の破面を対象として、本自動識別方法で破面特徴量を識別した結果と、解析手順の解説を展示する。

特許情報

特許情報1 発明の名称
破面解析装置および破面解析方法
特許情報1 出願人
学校法人立命館、中央発條株式会社
特許情報1 発明者
上野 明、榊原 隆之
特許情報1 出願日
2016/11/10
特許情報1 出願番号
特願2016-219778
プライバシーポリシー
Copyright © 2017   イノベーション・ジャパン2017運営事務局 All Rights Reserved.

PageTop