イノベーション・ジャパン2017 ~大学見本市&ビジネスマッチング~
Innovation Japan 2017
Home > 出展者一覧 > 名古屋大学 大学院工学研究科 生命分子工学専攻
ライフサイエンス

名古屋大学 大学院工学研究科 生命分子工学専攻

本多裕之 教授

小間L-37
プレ0831-東1-A-27

ペプチドの腸送達を目指した分解抵抗性経口投与法

Nagoya University

Professor Hiroyuki Honda

Novel oral composition for colon delivery of functional peptides which can provide hydrolysis resistant

3 すべての人に 健康と福祉を
出展ゾーン
大学等シーズ展示
出展分野
ライフサイエンス
小間番号
L-37
JSTショートプレゼン
0831-東1-A-27
8月31日(木)
JSTショートプレゼン東1-A
13:05

展示概要

技術概要
ペプチドは、様々な生理活性を有するため、医薬品、サプリメント、機能性食品として注目されている。口から摂取したペプチドが機能を発揮するには、強力な消化環境である胃を通り、機能を維持した状態で中性環境の腸に到達される必要がある。しかし、ペプチドは胃を通る間にペプシンで容易に加水分解されてしまうため、生理活性を保った状態で腸に到達することは難しい。我々は、特異な性質をもつペプチドを強酸性下で吸着し中性域で放出できる経口投与可能なキャリア担体を開発した。この経口投与可能なキャリア担体を特異な性質をもつペプチドを含む原液に投入撹拌するだけで吸着濃縮することも可能である。

想定される活用例
・経口投与で腸送達できる機能性ペプチドの発見と製品化
・機能性ペプチドの精製濃縮への応用

 

展示のみどころ
経口投与可能な新規多孔性担体
利用可能なペプチドの物理化学的性質を示したマップ

 

コンセプト図

コンセプト図

特許情報

特許情報1 発明の名称
体内輸送担体及びこれを用いた複合体
特許情報1 出願人
富士シリシア化学株式会社、名古屋大学
特許情報1 発明者
上村光浩、小川光輝、本多裕之、清水一憲、今井健人
特許情報1 出願日
2017/5/8
特許情報1 出願番号
2017-92447

お問い合わせ先

名古屋大学予防早期医療創成センター

電話:052-789-3215   FAX:052-789-3214  

URL:http://www.nubio.nagoya-u.ac.jp/proc/index.html

プライバシーポリシー
Copyright © 2017   イノベーション・ジャパン2017運営事務局 All Rights Reserved.

PageTop