イノベーション・ジャパン2017 ~大学見本市&ビジネスマッチング~
Innovation Japan 2017
Home > 出展者一覧 > 大阪大学 大学院情報科学研究科 バイオ情報工学専攻
装置・デバイス

大阪大学 大学院情報科学研究科 バイオ情報工学専攻

古川正紘 助教

小間M-52
プレ0901-東1-A-20

敷くだけで片側通行を実現する完全無電源の歩行誘導シート

Osaka University

Assistant Professor Masahiro Furukawa

Pedestrian Traffic Control Sheet with No Arrow, No Character, No Power Supply

11 住み続けられる まちづくりを
出展ゾーン
大学等シーズ展示
出展分野
装置・デバイス
小間番号
M-52
JSTショートプレゼン
0901-東1-A-20
9月1日(金)
JSTショートプレゼン東1-A
12:20

展示概要

技術概要
歩行者の多い駅構内などでは,混雑緩和のためには片側通行が不可欠である.しかし,看板・表示板などは文字や矢印を理解させる必要があり,片側通行の効率的な実現が難しいという課題がある.本技術は,歩行者の視覚に読むという過程を経ずに働きかけ,歩行者(識字力の乏しい方も含む)を片側に誘導する.ヒトは視覚的な流れを頼りに歩行を維持するため,歩行者の足元に流れる図柄を表示し錯覚を生じさせ歩行者の進行方向を誘導する.当該図柄は歩行者が前進すると流れて見えるようにシートに格納でき完全無電源で片側通行を実現する.

想定される活用例
・通行量の多い駅構内での片側通行実現
・商業施設内の床面貼り付け型広告と併用し催事会場までの来場者の動線形成
・地下道の交差点の導線をロータリー化

 

展示のみどころ
シートを床面に添付することにより、シートの上を歩くだけで片側通行を実現できる歩行誘導シートを実際に体験.文字・矢印の掲示がなく,さらには電源も不要であるが,床に敷かれたシートの上を歩くと歩行者には縞模様が横に流れて見える.この縞模様を眺めて歩くだけで自然と縞模様が流れる方向に歩行する.逆から来た歩行者は正反対の方向に誘導されるので,シートを敷くだけで片側通行を実現することを実感させる.

特許情報

特許情報1 発明の名称
特許出願準備中(5月末に)
特許情報1 出願人
特許情報1 発明者
特許情報1 出願日
特許情報1 出願番号
プライバシーポリシー
Copyright © 2017   イノベーション・ジャパン2017運営事務局 All Rights Reserved.

PageTop