イノベーション・ジャパン2017 ~大学見本市&ビジネスマッチング~
Innovation Japan 2017
Home > 出展者一覧 > 大阪大学 産業科学研究所 生体分子機能科学研究分野
環境保全・浄化

大阪大学 産業科学研究所 生体分子機能科学研究分野

永井健治 栄誉教授

小間K-13
プレ0831-東1-A-61

化学発光タンパク質「ナノ・ランタン」による新たな価値の創造

Osaka University

Distinguished Professor Takeharu Nagai

Innovation of next generation technologies based on chemiluminescent proteins

13 気候変動に 具体的な対策を
出展ゾーン
大学等シーズ展示
出展分野
環境保全・浄化
小間番号
K-13
JSTショートプレゼン
0831-東1-A-61
8月31日(木)
JSTショートプレゼン東1-A
16:30

共同研究者

大阪大学 産業科学研究所
特任助教 岩野恵

展示概要

技術概要
本提案者らは、ルシフェラーゼと蛍光タンパク質の融合により、世界一明るく光る化学発光タンパク質「ナノ・ランタン」を開発した。さらには青、緑、黄緑、橙、赤の5色のナノ・ランタンと多色発光の開発に成功し革新的な発光バイオセンサーを実現した。現在、このナノ・ランタンを基盤技術として、ユーザーに簡便なオンサイト検査技術の提供や創薬開発を行っている。最終的には低炭素・超省エネ社会の実現の重要ツールとなる、電力不要の照明灯としての「煌めく植物」の創出を実現する。

想定される活用例
・簡便かつ迅速な生体分子検査、衛生検査、犯罪捜査、環境汚染検査
・小動物に対する発光センサータンパク質発現による創薬開発ツール
・電力不要の照明灯としての「煌めく街路樹」

 

展示のみどころ
蛍光タンパク質と発光タンパク質の融合により作製した世界一明るい発光タンパク質「ナノ・ランタン」の原理解説と、様々な分野での応用可能性を紹介する。同時に、凍結乾燥した化学発光タンパク質(青、緑、黄緑、橙、赤の5色)を準備し、「ナノ・ランタン」の色の多様性を実体験させ、実用可能な分野への利用についての新たなアイディアについてのディスカッションを行う。

 

5色の「ナノ・ランタン」の発光

5色の「ナノ・ランタン」の発光

3色の「ナノ・ランタン」を発現したコケ

3色の「ナノ・ランタン」を発現したコケ

特許情報

特許情報1 発明の名称
蛍光蛋白質
特許情報1 出願人
大阪大学
特許情報1 発明者
永井健治、篠田肇、Yuanqing Ma、松田知己
特許情報1 出願日
2016/3/10
特許情報1 出願番号
特願2016-046953
特許情報2 発明の名称
蛍光蛋白質
特許情報2 出願人
大阪大学
特許情報2 発明者
永井健治、Tiwari DK、新井由之
特許情報2 出願日
2013/9/13
特許情報2 出願番号
特願2013-191058, PCT/JP2014/074121
特許情報3 発明の名称
光学顕微鏡、および、光学顕微鏡のオートフォーカス装置
特許情報3 出願人
大阪大学
特許情報3 発明者
永井健治、新井由之
特許情報3 出願日
2013/11/20
特許情報3 出願番号
特許第9632303号(アメリカ)

お問い合わせ先

大阪大学産業科学研究所永井研究室

電話:06-6879-8481   FAX:06-6875-5724  

URL:http://www.sanken.osaka-u.ac.jp/labs/bse/

プライバシーポリシー
Copyright © 2017   イノベーション・ジャパン2017運営事務局 All Rights Reserved.

PageTop