イノベーション・ジャパン2017 ~大学見本市&ビジネスマッチング~
Innovation Japan 2017
Home > 出展者一覧 > 宮崎大学 工学教育研究部 社会環境システム工学科
マテリアル・リサイクル

宮崎大学 工学教育研究部 社会環境システム工学科

李 春鶴 准教授

小間Z-37
プレ0901-東1-A-56

産業廃棄物・副産物の有効利用による新建設材料の開発

UNIVERSITY OF MIYAZAKI

Associate professor Chunhe LI

Development of new construction material using composite recycled materials

9 産業と技術革新の 基盤をつくろう
出展ゾーン
大学等シーズ展示
出展分野
マテリアル・リサイクル
小間番号
Z-37
JSTショートプレゼン
0901-東1-A-56
9月1日(金)
JSTショートプレゼン東1-A
16:00

展示概要

技術概要
経済発展や自然災害などによる産業廃棄物・副産物の産出量は増加する傾向であり、それらの最終処分場の残余容量の問題を解決することが喫緊の社会問題となっている。本研究は、高炉スラグ微粉末、フライアッシュ、廃石膏ボードから再生した二水石膏など従来の産業廃棄物・副産物のみを反応物とするリサイクル材料をエトリンガイト生成の反応式に着目して予め配合・造粒化し、その反応生成物質により高性能の建設材料を開発することを目的とする。

想定される活用例
・産業廃棄物を用いてコンクリート用膨張材の開発
・産業廃棄物を用いて有害物質を固定化する。・産業廃棄物を用いて自己治癒コンクリートを開発する。

 

展示のみどころ
産業副産物・廃棄物の従来通りの活用ではなく、化学反応に基づいて新しい生成物を生成させるメカニズム、その効果である。

お問い合わせ先

宮崎大学産学・地域連携センター

電話:0985-58-7946   FAX:0985-58-7793  

URL:http://www.miyazaki-u.ac.jp/crcweb/

プライバシーポリシー
Copyright © 2017   イノベーション・ジャパン2017運営事務局 All Rights Reserved.

PageTop