イノベーション・ジャパン2017 ~大学見本市&ビジネスマッチング~
Innovation Japan 2017
Home > 出展者一覧 > 秋田大学 理工学研究科 数理・電気電子情報学専攻
低炭素・エネルギー

秋田大学 理工学研究科 数理・電気電子情報学専攻

熊谷 誠治 准教授

小間E-03
プレ0831-東1-A-31

正負極両材料をもみ殻から製造した高性能リチウムイオンキャパシタ

Akita University

Associate professor Seiji Kumagai

High-performance lithium-ion capacitor using rice husk-derived cathode and anode materials

7 エネルギーをみんなに そしてクリーンに
出展ゾーン
大学等シーズ展示
出展分野
低炭素・エネルギー
小間番号
E-03
JSTショートプレゼン
0831-東1-A-31
8月31日(木)
JSTショートプレゼン東1-A
13:30

展示概要

技術概要
リチウムイオンキャパシタの正極,負極両材料をもみ殻から製造する技術を開発した。本技術は,もみ殻中に天然に含有されるシリカを,正極では細孔形成の鋳型に,負極ではリチウムイオンの吸蔵・緩衝に利用するなど,稲の天然植物構造および組成を最大限活用した。特に,シリカを部分的に除去して構築した炭素シリカ複合系負極は、ハードなリチウムイオンドープに対して耐性を有する上,充放電繰り返しに対する安定性も高い。本技術は,蓄電デバイスの高性能化とバイオマスの有効利用を通じて,本国のエネルギー・環境問題の解決に貢献する。

想定される活用例
・リチウムイオンキャパシタの他、リチウムイオン電池、リチウム硫黄電池、電気二重層キャパシタ等の電極材料
・電気泳動式による離精製または除染装置の電極材料
・マイクロおよびメソ多孔性吸着体および担体

 

展示のみどころ
生もみ殻を原料にリチウムイオンキャパシタの正極および負極材料を製造する工程を,実サンプルを展示しながら説明します。その際,技術的な特徴を記載した展示パネルおよびノートPCに表示させるスライドを利用します。また,小型リチウムイオンキャパシタを持ち込み,充放電試験を実施します。

 

正負極両材料をもみ殻から製造した高性能リチウムイオンキャパシタ

正負極両材料をもみ殻から製造した高性能リチウムイオンキャパシタ

特許情報

特許情報1 発明の名称
リチウムイオン電池およびリチウムイオンキャパシタ用負極活物質
特許情報1 出願人
秋田大学
特許情報1 発明者
熊谷誠治
特許情報1 出願日
2016/4/21
特許情報1 出願番号
2016-084945
特許情報2 発明の名称
電気化学キャパシタ
特許情報2 出願人
秋田大学
特許情報2 発明者
熊谷誠治
特許情報2 出願日
2013/2/27
特許情報2 出願番号
2013-037085

お問い合わせ先

秋田大学 産学連携推進機構

電話:018-889-2712   FAX:018-837-5356  

URL:http://www.akita-u.ac.jp/crc/index.html

プライバシーポリシー
Copyright © 2017   イノベーション・ジャパン2017運営事務局 All Rights Reserved.

PageTop