イノベーション・ジャパン2017 ~大学見本市&ビジネスマッチング~
Innovation Japan 2017
Home > 出展者一覧 > 芝浦工業大学 工学部 材料工学科
低炭素・エネルギー

芝浦工業大学 工学部 材料工学科

石崎貴裕 教授

小間E-13

高機能性材料創製技術

Shibaura Institute of Technolgy

Professor Takahiro Ishizaki

Febrication technology of high functional materials

9 産業と技術革新の 基盤をつくろう
出展ゾーン
大学等シーズ展示
出展分野
低炭素・エネルギー
小間番号
E-13

展示概要

技術概要
はっ水性や耐食性を有する機能性材料を創製するための新しいプロセスを紹介する。熱CVD法や浸漬法による有機薄膜形成、蒸気を利用した金属基板への皮膜形成など、いずれも簡便なプロセスであるが、得られる表面は優れたはっ水性や、高い耐食性を有する。本プロセスは、複雑形状でも均一な処理が可能、使用する薬剤の量が少なく低環境負荷、といった特長を有している。そのため、特に金属基板の防食処理として、従来の化成処理や陽極酸化処理の代替プロセスとなり得る。また、フラックス法やソリューションプラズマ等の独自性の高いプロセスで、電池の活物質材料を創製するための技術開発に関しても紹介する。

想定される活用例
・ガラス、レンズ、紙、繊維、無機材料等への超はっ水・はっ水コーティング
・金属材料の防食膜
・エネルギー材料の活物質(電極材料等)

 

展示のみどころ
従来とは異なる新しい簡便なプロセスによる高機能性材料創製技術を紹介する。本展示会では、超はっ水性やはっ水性を材料に付与するための技術について展示し、その性能や耐久性についても説明する。さらに、蒸気を利用した金属材料への新しい表面処理技術についても紹介する。また、溶液中の低温非平衡プラズマを利用したカーボン材料の合成技術について説明する。また、提案技術は複雑な装置を必要としないことから、導入に関しても容易である。

特許情報

特許情報1 発明の名称
高耐食性マグネシウム系材料及びその製造方法、並びに、マグネシウム系材料の表面処理方法
特許情報1 出願人
芝浦工業大学
特許情報1 発明者
石崎貴裕
特許情報1 出願日
2012/12/25
特許情報1 出願番号
特許出願2012-280479
特許情報2 発明の名称
撥水性マグネシウム材の製造方法および撥水性マグネシウム材
特許情報2 出願人
芝浦工業大学、TODA株式会社
特許情報2 発明者
石崎貴裕、熊谷颯
特許情報2 出願日
2016/2/22
特許情報2 出願番号
特許出願2016-031381
特許情報3 発明の名称
複合材料からなるカーボン系触媒
特許情報3 出願人
芝浦工業大学
特許情報3 発明者
石崎貴裕、木口崇彦
特許情報3 出願日
2017/2/2
特許情報3 出願番号
PCT/JP2017/003857

お問い合わせ先

芝浦工業大学 研究推進室研究企画課

電話:03-5859-7180   FAX:03-5859-8661  

URL:http://www.shibaura-it.ac.jp/

プライバシーポリシー
Copyright © 2017   イノベーション・ジャパン2017運営事務局 All Rights Reserved.

PageTop