イノベーション・ジャパン2017 ~大学見本市&ビジネスマッチング~
Innovation Japan 2017
Home > 出展者一覧 > 芝浦工業大学 工学部 応用化学科
低炭素・エネルギー

芝浦工業大学 工学部 応用化学科

野村幹弘 教授

小間E-12
プレ0831-東1-A-36

ガス分離用高速透過ゼオライト膜

Shibaura Institute of Technology

Professor Mikihiro Nomura

High speed gas separation zeolite membranes for hydrogen or acetic acid permeation

9 産業と技術革新の 基盤をつくろう
出展ゾーン
大学等シーズ展示
出展分野
低炭素・エネルギー
小間番号
E-12
JSTショートプレゼン
0831-東1-A-36
8月31日(木)
JSTショートプレゼン東1-A
14:00

展示概要

技術概要
効率的な分離方法として膜分離が注目されている。水素や酢酸の分離では、高温や腐食性の問題があり、従来開発されている高分子膜の適用は難しい。ここでは、この様な分離系に適用可能なセラミック膜の開発を進めている。新規なシリカ系多孔基材上へ、セラミックの一種であるゼオライト薄膜を合成することで、世界トップの透過性を示す膜の開発に成功した。この膜は、水素と有機ハイドライドの分離や、酢酸蒸気と水蒸気の分離など、これまで効率的な分離が難しかった系に応用可能である。

想定される活用例
・有機ハイドライド分離膜
・酢酸濃縮膜
・その他有機溶媒分離膜

 

展示のみどころ
実際に提供できる膜サンプルを、膜モジュールと共に展示予定である。実験のイメージが実感できれば幸いです。また、製膜前の長尺基材(30cm)も展示予定である。将来の長尺化のイメージが具体することを希望している。

特許情報

特許情報1 発明の名称
流体分離材料およびその製造方法
特許情報1 出願人
住友電気工業
特許情報1 発明者
齋藤崇広,俵山博匡,桑原一也,野村幹弘
特許情報1 出願日
2016/3/17
特許情報1 出願番号
特願2016- 054156

お問い合わせ先

芝浦工業大学

電話:03-5859-7180   FAX:03-5859-7181  

URL:http://www.shibaura-it.ac.jp/research/academic_industrial_collaboration/index.html

プライバシーポリシー
Copyright © 2017   イノベーション・ジャパン2017運営事務局 All Rights Reserved.

PageTop