イノベーション・ジャパン2017 ~大学見本市&ビジネスマッチング~
Innovation Japan 2017
Home > 出展者一覧 > 名古屋市立大学 大学院医学研究科 病態生化学分野
ライフサイエンス

名古屋市立大学 大学院医学研究科 病態生化学分野

道川誠 教授

小間L-36
プレ0831-東1-A-26

アルツハイマー病の超早期血液診断キットの開発

Nagoya City University

professor Makoto Michikawa

Development of serum diagnosis kit for early Alzheimer 's disease

3 すべての人に 健康と福祉を
出展ゾーン
大学等シーズ展示
出展分野
ライフサイエンス
小間番号
L-36
JSTショートプレゼン
0831-東1-A-26
8月31日(木)
JSTショートプレゼン東1-A
13:00

展示概要

技術概要
(1)我々は、タンパク質Xが、アルツハイマー病(AD)の脳脊髄液や脳脊髄液において非AD患者に比べて著しく低下していること、(2)脳脊髄液中のタンパク質Xが、AD発症前の軽度認知症においても、非認知症に比して、著しく低下すること、更に、(3)血清においてもタンパク質 Xは、非ADに比べてADで有意に低下することを確認した。この発明を基に、ADの早期血液診断用のタンパク質X定量ELISAキットを開発する。タンパク質Xの定量キットは、ADとAD以外の認知症やうつ病との鑑別にも効果を発揮すると考えられる。

想定される活用例
・早期AD患者、軽度認知症患者、脳内にアミロイドが沈着した健常人を診断できる。
・うつ病患とアルツハイマー病との鑑別が可能になる。
・他の認知症疾患との鑑別が可能になる。

 

展示のみどころ
アルツハイマー病の超早期血液診断キットの開発を目指すが、その理論的・科学的根拠とデータの提示。

特許情報

特許情報1 発明の名称
アルツハイマー病バイオマーカー
特許情報1 出願人
公立大学法人 名古屋市立大学
特許情報1 発明者
道川誠、赤津裕康、アブドラモハンマド
特許情報1 出願日
2017年5月31日
特許情報1 出願番号
特願2017-108766

お問い合わせ先

名古屋市立大学 社会連携センター(事務局学術課)

電話:052-853-8041   FAX:052-841-0261  

URL:http://www.nagoya-cu.ac.jp/

プライバシーポリシー
Copyright © 2017   イノベーション・ジャパン2017運営事務局 All Rights Reserved.

PageTop