イノベーション・ジャパン2017 ~大学見本市&ビジネスマッチング~
Innovation Japan 2017
Home > 出展者一覧 > 東北大学 東北アジア研究センター 基礎研究部門
防災

東北大学 東北アジア研究センター 基礎研究部門

佐藤 源之 教授

小間D-01
プレ0831-東1-B-28

防災・減災のためのレーダー技術

Tohoku University

Motoyuki Sato

Radar technology for mitigation of natural disasters

11 住み続けられる まちづくりを
出展ゾーン
大学等シーズ展示
出展分野
防災
小間番号
D-01
JSTショートプレゼン
0831-東1-B-28
8月31日(木)
JSTショートプレゼン東1-B
13:10

展示概要

技術概要
東日本大震災を経験した我々は防災・減災を目的としたレーダ技術の開発と応用に取り組んできました.今回は地震で損傷した建物の壁の内部を3次元的にリアルタイムで透視する2次元スパースアレイ・レーダ、地下埋設物を検知するレーダなどを展示します。私達はこうしたレーダを利用してカンボジアでの地雷除去活動、津波被災者捜索などを行ってきました。更に熊本地震で崩壊した崖面をモニタリングする地表設置型合成開口レーダ(GB-SAR)と、この装置を利用した羽田空港の滑走路計測の様子を紹介します。

想定される活用例
・建物耐震診断
・建物振動計測
・橋梁モニタリング

 

展示のみどころ
2次元スパースアレイ・レーダは32個のアンテナを1m四方に配列し、高速で送受信アンテナを切り替え損傷した建物の壁の内部を3次元的にリアルタイムで透視することができます。会場では画像化を実際に体験していただきます。また私達が開発しカンボジアの人道的地雷除去活動に利用されている地雷検知器ALISの実物を展示し、地雷検知の実情を紹介します。

 

地雷検知センサALIS

地雷検知センサALIS

GB-SARによる南阿蘇村地滑りの可視化

GB-SARによる南阿蘇村地滑りの可視化

特許情報

特許情報1 発明の名称
合成開口処理を伴うセンサ
特許情報1 出願人
東北大学
特許情報1 発明者
佐藤源之、松本正芳、高橋一徳
特許情報1 出願日
2013/7/19
特許情報1 出願番号
2013-150994

お問い合わせ先

東北大学 東北アジア研究センター 佐藤研究室

電話:022-795-6075   FAX:022-795-6074  

URL:http://www.cneas.tohoku.ac.jp/staff/msato/msato.htm

プライバシーポリシー
Copyright © 2017   イノベーション・ジャパン2017運営事務局 All Rights Reserved.

PageTop