イノベーション・ジャパン2017 ~大学見本市&ビジネスマッチング~
Innovation Japan 2017
Home > 出展者一覧 > 静岡県立大学 大学院 薬学研究院 生化学講座
医療

静岡県立大学 大学院 薬学研究院 生化学講座

南 彰 講師

小間W-26
プレ0901-東1-B-15

低血糖副作用を回避できる新規糖尿病治療薬の開発

Univ. of Shizuoka

Senior Lecturer Akira Minami

Safety antidiabetic medicine from glycobiology

3 すべての人に 健康と福祉を
出展ゾーン
大学等シーズ展示
出展分野
医療
小間番号
W-26
JSTショートプレゼン
0901-東1-B-15
9月1日(金)
JSTショートプレゼン東1-B
11:50

共同研究者

静岡県立大学 薬学部
教授 鈴木 隆

展示概要

技術概要
糖鎖制御に関わるシアリダーゼを標的とした新しい作用機序に基づく糖尿病治療薬を見出した。本治療薬は、糖尿病治療薬の最も重篤な副作用である低血糖を回避できる。本研究は、酵素活性を可視化する技術を開発する過程で偶然にも膵島にシアリダーゼ活性が高いことを見出したことに端を発する。シアリダーゼ阻害剤DANAをラットに投与したところ、血糖値上昇に伴うインスリン分泌が有意に増加した。この増加は血糖値を減少させるのに十分な増加であった。また、低血糖時にはインスリン分泌を促進しないことを明らかにしている。

想定される活用例
・安全に使用できる糖尿病治療薬。
・これまでの治療薬とは作用機序が異なるため、従来型治療薬が効かなくなった患者に対しても、効果を発揮することが期待される。

 

展示のみどころ
シアリダーゼ阻害剤DANAが糖尿病治療薬として利用できる可能性を示す動物実験の結果をご紹介します。

特許情報

特許情報1 発明の名称
シアリダーゼ阻害活性を有する化合物を含むインスリン分泌促進剤、血糖値上昇抑制剤及び糖尿病治療剤、並びにそれらの剤のスクリーニング方法
特許情報1 出願人
静岡県公立大学法人
特許情報1 発明者
南 彰、鈴木 隆、金子 雪子、石川 智久
特許情報1 出願日
2016/6/9
特許情報1 出願番号
特願2016-114923

お問い合わせ先

静岡県立大学 薬学部 生化学分野

電話:054-264-5726   FAX:054-264-5723  

プライバシーポリシー
Copyright © 2017   イノベーション・ジャパン2017運営事務局 All Rights Reserved.

PageTop