イノベーション・ジャパン2017 ~大学見本市&ビジネスマッチング~
Innovation Japan 2017
Home > 出展者一覧 > 名古屋工業大学 大学院工学研究科 情報工学専攻
情報通信

名古屋工業大学 大学院工学研究科 情報工学専攻

伊藤 孝行 教授

小間I-25
プレ0901-東1-B-51

知的IoTプラットフォームを用いた汎用環境情報予測システム

Nagoya Institute of Technology

Professor Takayuki Ito

Multiple environmental information prediction system using intelligent IoT platform

9 産業と技術革新の 基盤をつくろう
出展ゾーン
大学等シーズ展示
出展分野
情報通信
小間番号
I-25
JSTショートプレゼン
0901-東1-B-51
9月1日(金)
JSTショートプレゼン東1-B
15:30

共同研究者

名古屋工業大学 大学大学院情報工学専攻
特任助教 大塚 孝信

展示概要

技術概要
IoTによるスマート農業や減災, 海産養殖支援が注目を集めていますが, 一般的に普及はしていません.
環境データ収集はコストの問題, 環境予測はデータ不足といった問題が存在します.データ収集に関し, フィールド毎に使用センサが異なるため, 異なる供給電圧・インターフェース制御が問題です.
本システムは, センサ毎に異なる供給電圧・インターフェースをハードウェアとソフトウェアにより制御可能です.
本研究は, 農業や海産養殖,減災・災害管理を代表とする種々のフィールドにおいて単一のシステムで運用可能なシステムです.

想定される活用例
・水産養殖, 農業における環境予測システム
・追加センシング情報が必要な際のみ必要なセンサを接続するシステム.
・災害発生時に即時に運用できるセンサ情報収集システム.

 

展示のみどころ
実際に開発したセンサノードをご覧いただくとともに,遠隔地に設置しておりますセンサノードのデータをご覧いただけます.

 

知的IoTモニタリングシステム

知的IoTモニタリングシステム

導入事例-アドホック水位計測システム

導入事例-アドホック水位計測システム

特許情報

特許情報1 発明の名称
クラウド型汎用環境情報モニタリングシステムおよびそのミドルウェア
特許情報1 出願人
国立大学法人名古屋工業大学
特許情報1 発明者
伊藤孝行,大塚孝信
特許情報1 出願日
2015年9月1日
特許情報1 出願番号
特願2015-171687

お問い合わせ先

国立大学法人名古屋工業大学

電話:052-735-5627   FAX:052-735-5542  

URL:http://tic.web.nitech.ac.jp

プライバシーポリシー
Copyright © 2017   イノベーション・ジャパン2017運営事務局 All Rights Reserved.

PageTop