イノベーション・ジャパン2017 ~大学見本市&ビジネスマッチング~
Innovation Japan 2017
Home > 出展者一覧 > 名古屋工業大学 大学院工学研究科 電気・機械工学専攻
装置・デバイス

名古屋工業大学 大学院工学研究科 電気・機械工学専攻

佐藤 徳孝 助教

小間M-45
プレ0831-東1-B-63

自律制御・センシング・VRによる移動ロボットの遠隔操作システム

Nagoya Institute of Technology

Assistant Professor Noritaka Sato

Tele-opration system for mobile robot based on autonomous control, sensing and virtual reality

9 産業と技術革新の 基盤をつくろう
出展ゾーン
大学等シーズ展示
出展分野
装置・デバイス
小間番号
M-45
JSTショートプレゼン
0831-東1-B-63
8月31日(木)
JSTショートプレゼン東1-B
16:40

共同研究者

名古屋工業大学 大学院工学研究科
教授 森田良文

展示概要

技術概要
当研究室では、これまで自律走行制御、センシング技術、バーチャルリアリティを基盤とした移動ロボットのための遠隔操作システムについて研究・開発を行ってきた。3次元環境再構築と自己位置推定、障害物を回避しながら目的地までの移動するための自律移動制御、低通信帯域下において移動体を俯瞰的に見る映像を生成するシステム、仮想環境内のCGロボットを動かすことで実ロボットを制御できる直感的な遠隔操作システムを開発した。我々は移動ロボットの自律走行/遠隔走行における様々な技術を有しており、国内ロボコンにて準優勝に輝くといった実績も有している。

想定される活用例
・自動車の自動運転におけるセンシングと制御
・パートナーロボットのセンシングと制御
・工場内AGVのセンシングと制御と遠隔操作
・災害対応ロボットのセンシングと制御と遠隔操作
・インフラ点検ロボットのセンシングと制御と遠隔操作

 

展示のみどころ
当研究室で開発したロボットと遠隔操作システムを展示する。そのため来場者に直接触ってもらうことで、マッチングのための密な議論が可能となる。移動体に関する様々な技術を有しており、これまでに開発してきた様々なシステムについて紹介する。国内のロボット競技会で好成績を収めたロボットとその基盤技術に触れることができることも大きな見どころである。

 

遠隔操作システムの原理のイメージ

遠隔操作システムの原理のイメージ

お問い合わせ先

国立大学法人名古屋工業大学

電話:052-735-5627   FAX:052-735-5542  

URL:http://tic.web.nitech.ac.jp

プライバシーポリシー
Copyright © 2017   イノベーション・ジャパン2017運営事務局 All Rights Reserved.

PageTop