イノベーション・ジャパン2017 ~大学見本市&ビジネスマッチング~
Innovation Japan 2017
Home > 出展者一覧 > 名古屋工業大学 大学院工学研究科 電気・機械工学専攻
情報通信

名古屋工業大学 大学院工学研究科 電気・機械工学専攻

王 建青 教授

小間I-26
プレ0901-東1-B-52

通信距離を伸長させた革新的Bluetooth通信技術を提供します

Nagoya Institute of Technology

Professor Jianqing Wang

An Innovative Bluetooth Communication Technology for Effectively Increasing Communication Distance

9 産業と技術革新の 基盤をつくろう
出展ゾーン
大学等シーズ展示
出展分野
情報通信
小間番号
I-26
JSTショートプレゼン
0901-東1-B-52
9月1日(金)
JSTショートプレゼン東1-B
15:35

共同研究者

名古屋工業大学 未来医療介護健康情報学研究所
プロジェクト教授 岩田彰

筑波大学 国際産学連携本部
技術移転マネージャー 永井明彦

展示概要

技術概要
電波は高周波になればなるほど回折性が低くなり、直進する電波は障害物に反射され、受信性能が阻害されます。近年着目されているBLE(Bluetooth Low Energy)は低消費で高速な通信を実現しますが、BLEビーコン(発信機)の電波が人混みなどの障害物の影響を受け易い事から、普及が阻害されています。我々は、電波に指向性を持たせる革新的な技術を開発しました。本技術をBluetooth通信に応用することで、通信距離を飛躍的に改善(3倍以上)し、人などの障害物の影響を低減します。

想定される活用例
・認知症高齢者の見守り機構
・セキュリティが必要な入退出管理
・遊園地等における迷子探し 

 

展示のみどころ
BLE(Bluetooth Low Energy)は低消費で高速通信を実現しますが、2.4GHz帯の電波を用いるため回折性が低く障害物の影響を受け易いという課題があります。指向性をビーコン(送信機)及び受信機に持たせることでエネルギーを特定方向に集中できるため、通信距離を飛躍的に改善(既製品の3倍以上)し障害物の影響を低減できます。本研究の技術と特徴についてパネルと試作ビーコンを用いて説明します。

お問い合わせ先

国立大学法人名古屋工業大学 産学官連携センター

電話:052-735-5627   FAX:052-735-5542  

URL:http://tic.web.nitech.ac.jp

プライバシーポリシー
Copyright © 2017   イノベーション・ジャパン2017運営事務局 All Rights Reserved.

PageTop