イノベーション・ジャパン2017 ~大学見本市&ビジネスマッチング~
Innovation Japan 2017
Home > 出展者一覧 > 名古屋工業大学 大学院工学研究科 生命・応用化学専攻
低炭素・エネルギー

名古屋工業大学 大学院工学研究科 生命・応用化学専攻

石井 陽祐 助教

小間E-21
プレ0831-東1-A-42

カーボンナノチューブの特異なチューブ内空間を利用した高容量で安価な電池電極

Nagoya Institute of Technology

Assistant professor Yosuke ISHII

Development of novel electrode materials using inner tube space of carbon nanotubes

7 エネルギーをみんなに そしてクリーンに
出展ゾーン
大学等シーズ展示
出展分野
低炭素・エネルギー
小間番号
E-21
JSTショートプレゼン
0831-東1-A-42
8月31日(木)
JSTショートプレゼン東1-A
14:35

共同研究者

名古屋工業大学 大学院工学研究科
教授 川崎晋司

展示概要

技術概要
カーボンナノチューブの内部空間にイオン貯蔵能力を有する機能性分子を内包することで、高容量・長寿命な電池電極を実現するものである。本技術を使用することにより、電解液への溶解度や電子伝導性の問題のために電池電極として使用できなかった、ヨウ素・リン・キノンなどの高性能で安価なイオン貯蔵材料を利用することが可能となり、電池の高容量化・低価格化に貢献できる。また、内包分子の種類・構造を工夫することで、多価イオン電池などの次世代高容量電池への応用も可能である。

想定される活用例
・リチウムイオン二次電池電極
・ナトリウムイオン二次電池電極
・多価イオン電池電極
・全固体電池電極

 

展示のみどころ
会場には機能性分子内包カーボンナノチューブ試料と分子模型を展示し、チューブ内での機能性分子の振る舞いを視覚的に分かり易く説明する。また、パソコンを用いて研究説明を演示する。

 

機能性分子内包カーボンナノチューブ電極の概念図

機能性分子内包カーボンナノチューブ電極の概念図

特許情報

特許情報1 発明の名称
アルカリハライド内包カーボンナノチューブ、全固体電池
特許情報1 出願人
国立大学法人名古屋工業大学
特許情報1 発明者
石井陽祐、川崎晋司
特許情報1 出願日
2017/3/30
特許情報1 出願番号
特願2017-067479
特許情報2 発明の名称
多価イオン電池電極
特許情報2 出願人
国立大学法人名古屋工業大学
特許情報2 発明者
石井陽祐、川崎晋司、細江健斗
特許情報2 出願日
2015/4/23
特許情報2 出願番号
特願2015-088389

お問い合わせ先

国立大学法人名古屋工業大学

電話:052-735-5627   FAX:052-735-5542  

URL:http://tic.web.nitech.ac.jp

プライバシーポリシー
Copyright © 2017   イノベーション・ジャパン2017運営事務局 All Rights Reserved.

PageTop