イノベーション・ジャパン2017 ~大学見本市&ビジネスマッチング~
Innovation Japan 2017
Home > 出展者一覧 > 千葉工業大学 工学部 先端材料工学科
装置・デバイス

千葉工業大学 工学部 先端材料工学科

小澤俊平 准教授

小間M-11

大気圧においても極低酸素分圧雰囲気を実現

Chiba Institute of Technology

Associate Professor OZAWA Shumpei

Ultra low oxygen partial pressure of atmospheric gas by using solid electrolyte

9 産業と技術革新の 基盤をつくろう
出展ゾーン
大学等シーズ展示
出展分野
装置・デバイス
小間番号
M-11

展示概要

技術概要
安定化ジルコニアのような固体電解質の隔壁に電圧を印加すると,その値に応じて,ネルンストの法則により酸素イオンがその壁の内部を通過する.これを利用すると,アルゴンや窒素などの高純度不活性ガスから,酸素を取り除く事が可能となる.このことは比較的古くから知られているものであるが,本技術では配管の密閉性に注意し,特にセラミクスである固体電解質と金属管の接合に工夫を施すことで,600℃において,従来品を圧倒する1E-30atmの極低酸素分圧ガスを実現した.

想定される活用例
・溶接,結晶成長,鋳造などの各種高温融体プロセスにおける酸化抑制
・金属製品の高温処理時の酸化防止
・酸化物の結晶成長時の酸素ポテンシャル制御

 

展示のみどころ
1E-30atmもの極低酸素分圧雰囲気では,これまでは困難となれていたアルミニウム合金のフラックスフリーろう付が可能となった事例や,雰囲気依存性の高い金属融体の表面張力測定を,温度と酸素活量の関係として三次元的に示した例などを視覚的に示す.

お問い合わせ先

千葉工業大学

電話:047-478-0325   FAX:047-478-0434  

プライバシーポリシー
Copyright © 2017   イノベーション・ジャパン2017運営事務局 All Rights Reserved.

PageTop