イノベーション・ジャパン2017 ~大学見本市&ビジネスマッチング~
Innovation Japan 2017
Home > 出展者一覧 > 長野工業高等専門学校 電子制御工学科
装置・デバイス

長野工業高等専門学校 電子制御工学科

中山 英俊 准教授

小間M-40

高周波デバイス~薄膜コモンモードフィルタの開発と表皮効果損失の抑制技術~

National Institute of Technology, Nagano College

Nakayama Hidetoshi

High-frequency Devices: Development of Thin-film Common Mode Filter and Technology of Skin Effect Suppression

9 産業と技術革新の 基盤をつくろう
出展ゾーン
大学等シーズ展示
出展分野
装置・デバイス
小間番号
M-40

共同研究者

信州大学 工学部
准教授 曽根原 誠

信州大学 工学部
教授 佐藤 敏郎

展示概要

技術概要
 我々は、次世代高周波通信回路をターゲットとして、高周波デバイスの開発と高周波における課題解決に取組んでいる。本展示では、開発中の薄膜コモンモードフィルタの技術および高周波における表皮効果損失の抑制技術について発表する。前者は、UHF帯の携帯電話使用周波数に応じて開発しており、市販品であるチップコモンモードチョークコイルよりも大きなコモンモード抑制性能があり、小型化(約10μmまで低背化し、体積を約半分に)することに成功した。後者は、正/負の透磁率材料の最適な積層構造により、表皮効果損失を最適に抑制する設計方法を新たに提案した。

想定される活用例
・携帯電話などUHF帯または次世代(5G)周波数帯を利用する各種携帯端末の無線回路
・高周波測定装置・機器の電子回路・伝送線路など

 

展示のみどころ
携帯電子機器などのRF-ICにおいて利用することを想定している薄膜コモンモードフィルタおよび高周波伝送線路損失を低減する新技術を説明し、製品などへの実用化の課題について試作および測定結果などをポスターおよび試作したデバイスをご覧頂きながら説明致します。

特許情報

特許情報1 発明の名称
単層薄膜コモンモードフィルタ
特許情報1 出願人
国立大学法人信州大学,独立行政法人国立高等専門学校機構
特許情報1 発明者
曽根原 誠,佐藤 敏郎,中山 英俊
特許情報1 出願日
2017/05/17
特許情報1 出願番号
特願2017-098395
特許情報2 発明の名称
伝送線路、配線基板、及び、これらを用いた高周波装置、並びに、伝送線路の設計方法
特許情報2 出願人
独立行政法人国立高等専門学校機構
特許情報2 発明者
中山英俊、佐藤敏郎、曽根原誠、吉原拓実、川久保志朗、清野雄貴、湯澤凌芽
特許情報2 出願日
2016/3/31
特許情報2 出願番号
特願2016-73215
特許情報3 発明の名称
伝送線路、配線基板、及び、これらを用いた高周波装置、並びに、伝送線路の設計方法
特許情報3 出願人
独立行政法人国立高等専門学校機構
特許情報3 発明者
中山英俊、佐藤敏郎、曽根原誠、吉原拓実、川久保志朗、清野雄貴
特許情報3 出願日
2015/3/31
特許情報3 出願番号
特願2015-073390
プライバシーポリシー
Copyright © 2017   イノベーション・ジャパン2017運営事務局 All Rights Reserved.

PageTop