イノベーション・ジャパン2017 ~大学見本市&ビジネスマッチング~
Innovation Japan 2017
Home > 出展者一覧 > 宇都宮大学 大学院工学研究科 情報システム科学専攻
超スマート社会

宇都宮大学 大学院工学研究科 情報システム科学専攻

大川 猛 助教

小間S-02
発表0831-東4-01

ロボットへのFPGA導入を容易化するコンポーネント技術

Utsunomiya University

Assistant Professor Takeshi Ohkawa

Component technology for easy integration of FPGA into robots

9 産業と技術革新の 基盤をつくろう
出展ゾーン
大学等シーズ展示
出展分野
超スマート社会
小間番号
S-02
超スマート社会分野の
新技術説明会
0831-東4-01
8月31日(木)
東4ホール JSTフェア内セミナー会場
12:00

展示概要

技術概要
知的なロボットの実現のためには高度な画像認識処理等をロボット本体で行う必要があるが、計算処理量の増加に伴う消費電力の増加が問題である。FPGAは、アプリに応じた最適な並列処理を行うことで高い電力効率での処理が可能であるが設計コストが高く、ロボットへの導入が困難である。
本研究は、ロボット開発のプラットフォームとして主流となりつつあるROS(Robot Operating System)に準拠した形で,FPGAを用いたハードウェア回路のコンポーネント化を行う手法を検討する。電力効率の高い処理が可能なFPGAコンポーネントを用いて容易にロボットを構築可能とする。

想定される活用例
・ROSを用いて動作しているロボットシステムのソフトウェアをFPGAに簡単に置き換えて処理遅延時間および電力を削減

 

展示のみどころ
クラウド・ロボット連携によるロボット向け画像処理ROSシステムを展示します。ロボットにおける画像入力と画像処理をFPGAで行うことで、高い画像処理性能を保ちつつ、ロボット本体の低消費電力化が可能であることを示します。

特許情報

特許情報1 発明の名称
出願準備中
特許情報1 出願人
国立大学法人宇都宮大学
特許情報1 発明者
大川猛、他3名
特許情報1 出願日
2017年6月予定
特許情報1 出願番号
未定

お問い合わせ先

宇都宮大学 地域共生研究開発センター

電話:028-689-6316   FAX:028-689-6320  

URL:http://www.sangaku.utsunomiya-u.ac.jp

プライバシーポリシー
Copyright © 2017   イノベーション・ジャパン2017運営事務局 All Rights Reserved.

PageTop