イノベーション・ジャパン2017 ~大学見本市&ビジネスマッチング~
Innovation Japan 2017
Home > 出展者一覧 > 宇都宮大学 大学院工学研究科 電気電子システム工学専攻
マテリアル・リサイクル

宇都宮大学 大学院工学研究科 電気電子システム工学専攻

清水隆志 准教授

小間Z-02
プレ0901-東1-A-34

マイクロ波・ミリ波材料の高精度評価技術

Utsunomiya University

Associate Professor Takashi Shimizu

High Precision Evaluation Technology for Microwave and Millimeter Wave Dielectric Material

9 産業と技術革新の 基盤をつくろう
出展ゾーン
大学等シーズ展示
出展分野
マテリアル・リサイクル
小間番号
Z-02
JSTショートプレゼン
0901-東1-A-34
9月1日(金)
JSTショートプレゼン東1-A
13:45

共同研究者

宇都宮大学 大学院工学研究科
教授 古神義則

展示概要

技術概要
遮断円筒導波管法、円筒空洞共振器法、TM0m0モード空洞共振器法、TE011空洞共振器法をベースとしたマイクロ波帯からミリ波帯における低損失から中損失特性を有する誘電体材料の複素誘電率の高精度評価技術を提供する。
本技術により、今後ますます利用が活発化するマイクロ波・ミリ波帯における材料定数取得が可能となり、設計試作コスト低減に役立つ。
また、従来法の測定分解能では不可能であった材料組成や構成方法による複素誘電率の差異が同周波数帯で区別可能となる。このことから、新規材料や材料設計法の開発に役立つと期待している。

想定される活用例
・高周波用途向け新規材料の開発
・基板材料の品質管理
・高周波回路設計用の基礎データ取得

 

展示のみどころ
ミリ波帯における誘電体材料評価用各種共振器を展示する。特に100GHz帯を超える材料評価用共振器は、世界でも開発例が少ないため、ぜひご覧ください。

 

100ギガヘルツ超材料評価用空洞共振器

100ギガヘルツ超材料評価用空洞共振器

お問い合わせ先

宇都宮大学 大学院工学研究科 電気電子システム工学専攻 清水研究室

電話:028-689-6132   FAX:028-689-6132  

URL:http://mmw.ee.utsunomiya-u.ac.jp/

プライバシーポリシー
Copyright © 2017   イノベーション・ジャパン2017運営事務局 All Rights Reserved.

PageTop