イノベーション・ジャパン2017 ~大学見本市&ビジネスマッチング~
Innovation Japan 2017
Home > 出展者一覧 > 法政大学 生命科学部 環境応用化学科
ライフサイエンス

法政大学 生命科学部 環境応用化学科

渡邊雄二郎 准教授

小間L-22

ゼオライト複合体を用いた低カリウム葉物野菜生育培地の開発

HOSEI University

Associate Professor Yujiro Watanabe

Development of a Growing Medium for Low Potassium Leaf Vegetables Using Zeolite Composites

2 飢餓を ゼロに
出展ゾーン
大学等シーズ展示
出展分野
ライフサイエンス
小間番号
L-22

展示概要

技術概要
多くの小規模農地は農作物の生産性が悪い。また多額な初期投資が必要な植物工場への移行も困難なため、安全な農作物を高効率に生産するシステムが必要である。また低カリウム野菜を安価に提供できれば腎臓疾患者等への需要が期待できる。我々はJSTプログラムにおいて水供給のみで植物必須元素の徐放が可能かつ再利用可能なゼオライト複合体を用いた培地を開発し、カリウムを48%以上削減した葉物野菜の栽培に成功した。本展示では複合体の作製方法、肥料成分徐放能、複合体培地による低カリウム葉物野菜生育に関する最新成果を紹介する。

想定される活用例
・腎臓疾患者等への低カリウム野菜の提供
・高機能性植物生育培地        
・放射性セシウムイオン・塩分除去材 
・環境浄化材

 

展示のみどころ
本展示では、JSTマッチングプランナープログラムを主とした成果であるゼオライト複合体による低カリウム葉物野菜生育培地の作製法と有用性に関して、他の技術と比較しながらパネルを使って紹介する。また視覚でわかりやすく説明するため、LEDライト付の複合体培地を用いた低カリウムの小松菜の栽培展示を行う。さらに複合体を用いた肥料徐放装置を展示し徐放実験を行い、資源循環型農業システムを実感してもらう。

特許情報

特許情報1 発明の名称
アパタイト系化合物で被覆されたゼオライト系化合物の製造方法
特許情報1 出願人
国立研究開発法人 物質・材料研究機構
特許情報1 発明者
田中順三、守吉佑介、渡辺雄二郎、橋本正、池上隆康、山田裕久、末次寧、生駒俊之
特許情報1 出願日
2003/4/9
特許情報1 出願番号
2003-104755
特許情報2 発明の名称
無機系肥料および無機系肥料の製造方法
特許情報2 出願人
学校法人金沢工業大学、国立研究開発法人 物質・材料研究機構
特許情報2 発明者
渡辺雄二郎、小松優、生駒俊之、山田裕久、田中順三
特許情報2 出願日
2008/11/12
特許情報2 出願番号
2008-289607
特許情報3 発明の名称
複合体および複合体の製造方法
特許情報3 出願人
学校法人金沢工業大学、国立研究開発法人 物質・材料研究機構
特許情報3 発明者
渡辺雄二郎、小松優、生駒俊之、山田裕久、田中順三
特許情報3 出願日
2008/9/2
特許情報3 出願番号
2008-224658

お問い合わせ先

研究開発センター小金井事務課リエゾンオフィス

電話:042-387-6248   FAX:042-387-6335  

URL:http://www.hosei.ac.jp/suisin/liaison/index.html

プライバシーポリシー
Copyright © 2017   イノベーション・ジャパン2017運営事務局 All Rights Reserved.

PageTop