イノベーション・ジャパン2017 ~大学見本市&ビジネスマッチング~
Innovation Japan 2017
Home > 出展者一覧 > 岐阜大学 工学部 化学・生命工学科
装置・デバイス

岐阜大学 工学部 化学・生命工学科

武野明義 教授

小間M-41
プレ0831-東1-B-61

安全にシャットダウンできる薄く強い電池セパレータ

Gifu University

Professor Akiyoshi Takeno

Thin and tough battery separator with safty shutdown

7 エネルギーをみんなに そしてクリーンに
出展ゾーン
大学等シーズ展示
出展分野
装置・デバイス
小間番号
M-41
JSTショートプレゼン
0831-東1-B-61
8月31日(木)
JSTショートプレゼン東1-B
16:30

展示概要

技術概要
独自の多孔化法を用いることでリチウムイオン電池用のポリオレフィンフィルムセパレータを開発した。多孔領域を50%程度としてあるため、突き刺し強度や圧縮強度が非常に高く、多孔化していないフィルムと同等の取り扱いが可能である。一方、透過性は、従来製品以上に高く、多孔化領域が限定されている不利はない。また、ポリプロピレンの単層フィルムながら120℃前後にシャットダウウン温度を持つ上、樹脂の融解を用いていないためセパレータフィルムがメルトダウンしてしまう心配がない。開発途中であるため、さらに性能向上も期待できる。

想定される活用例
・単層であるため膜厚を抑制でき、電池の高密度化が可能である。
・安全にシャットダウンするため、スマートフォン等の身に付ける製品用途に向いている。
・樹脂はポリプロピレンに限定されないため、多種の電池への応用も考えられる。

 

展示のみどころ
実際のフィルムを見ることができ、その製造方法についても展示する。フィルムとしての基礎データはできるだけ開示する。我々の既報クレーズ技術に新技術(特許)を加えた点が展示のポイントである。これによりブレークスルーすることができ、気体透過性が飛躍的に向上し、シャットダウン温度も最適化できている。

特許情報

特許情報1 発明の名称
微多孔性フィルム及びその製造方法並びに電池用セパレータ
特許情報1 出願人
岐阜大学
特許情報1 発明者
武野明義
特許情報1 出願日
2017年5月18日
特許情報1 出願番号
特願2017-099376
プライバシーポリシー
Copyright © 2017   イノベーション・ジャパン2017運営事務局 All Rights Reserved.

PageTop