イノベーション・ジャパン2017 ~大学見本市&ビジネスマッチング~
Innovation Japan 2017
Home > 出展者一覧 > 北九州工業高等専門学校 生産デザイン工学科 知能ロボットシステムコース
医療

北九州工業高等専門学校 生産デザイン工学科 知能ロボットシステムコース

久池井 茂 副校長(学生主事) 教授

小間W-41
プレ0901-東1-B-25

注射薬自動読取装置による業務自動化とコスト分析

National Institute of Technology, Kitakyushu College

Vice-President (Dean of Student Affairs) Professor Shigeru KUCHII

The automation and analysis of the operation cost using the used injection container automatic reading device

3 すべての人に 健康と福祉を
出展ゾーン
大学等シーズ展示
出展分野
医療
小間番号
W-41
JSTショートプレゼン
0901-東1-B-25
9月1日(金)
JSTショートプレゼン東1-B
12:50

展示概要

技術概要
医療現場では,使用した注射薬や医療材料を,保険で請求できるものとできないものに分けて読み取る必要がある。現在は,手術後に看護師が手作業で伝票に書き写す等して,手間取った上に記帳ミスや書き忘れも多い。この作業を自動化し手間とミスをなくせば,次の手術まで外科医が待つ時間も短くなる。そこで,画像処理技術とロボット技術を活用し,注射薬自動仕分けシステムを研究開発した。看護師の残業時間が大幅に減り,使った薬品や医療材料の請求漏れがなくなる。物品も迅速に補充できるため,在庫の圧縮や期限切れの管理に寄与する。

想定される活用例
・注射薬のトレーサビリティシステムを創出することが可能
・手術後の医療器材自動仕分けシステムに応用展開
・部品を組立治具へはめ込む作業の自動化等,生産工程のモジュール化に展開可能

 

展示のみどころ
ロボットによる自動仕分けとカメラによる認識であり,高速・高精度な完全自動処理システムである。国際的に見ても例が無く,非常に新規性の高い研究開発である。これを実現するコア技術として,画像認識技術やロボット技術を活用した方法や装置については特許登録済である。医療従事者の負担である返品薬・使用済み注射薬の仕分け,医事会計システムとの連携,薬品のトレーサビリティができる複合的な医療情報システムを展示する。

特許情報

特許情報1 発明の名称
ピッキングシステムおよびピッキング方法
特許情報1 出願人
独立行政法人国立高等専門学校機構,株式会社セントラルユニ
特許情報1 発明者
久池井 茂,滝本 隆,今 輝幸,増田 順
特許情報1 出願日
2010/12/24
特許情報1 出願番号
特願2010-288222,特許第5197729号
特許情報2 発明の名称
識別装置および識別方法
特許情報2 出願人
独立行政法人国立高等専門学校機構,福岡県産業・科学技術振興財団,株式会社セントラルユニ
特許情報2 発明者
久池井 茂,滝本 隆,増田 順
特許情報2 出願日
2010/5/28
特許情報2 出願番号
特願2010-123243,特許第5105381号
特許情報3 発明の名称
ピッキングシステムおよびピッキング方法
特許情報3 出願人
独立行政法人国立高等専門学校機構,福岡県産業・科学技術振興財団,株式会社セントラルユニ
特許情報3 発明者
久池井 茂,滝本 隆,増田 順
特許情報3 出願日
2010/5/28
特許情報3 出願番号
特願2010-123242,特許第5105380号

お問い合わせ先

北九州工業高等専門学校 総務課 研究支援係

電話:093-964-7216   FAX:093-964-7214  

URL:http://www.kct.ac.jp

プライバシーポリシー
Copyright © 2017   イノベーション・ジャパン2017運営事務局 All Rights Reserved.

PageTop