イノベーション・ジャパン2017 ~大学見本市&ビジネスマッチング~
Innovation Japan 2017
Home > 出展者一覧 > 奈良先端科学技術大学院大学 物質創成科学研究科 物質創成科学専攻
超スマート社会

奈良先端科学技術大学院大学 物質創成科学研究科 物質創成科学専攻

徳田 崇 准教授

小間S-15
発表0831-東4-11

光エナジーハーベスティングによる波長変換装置およびIoT端末

Nara Institute of Science and Technology

Associate Professor Takashi Tokuda

Optical energy harvesting technology for intelligent light wavelength conversion and IoT node

9 産業と技術革新の 基盤をつくろう
出展ゾーン
大学等シーズ展示
出展分野
超スマート社会
小間番号
S-15
超スマート社会分野の
新技術説明会
0831-東4-11
8月31日(木)
東4ホール JSTフェア内セミナー会場
13:40

展示概要

技術概要
弱い光エネルギーを蓄積し、ターゲット回路を間欠駆動することにより、環境光を含む弱い光でも多様なエレクトロニクスデバイスを駆動する技術を提供する。特に、電磁的なエネルギー供給が困難な、数mm以下の生体センシングデバイスやIoTデバイスを駆動するために有力な技術である。本技術の具体的応用対象として、長い波長の光から短波長の光を得る光波長変換(アップコンバージョン)する、あるいは環境光で動作可能なIoTノード(室内外の多様な機器に装着可能なID、センシングデバイス)を提案・実証している。

想定される活用例
・デバイス想定利用分野として、バイオサイエンス・医療分野におけるオプトジェネティクス向けの生体内光刺激
・ペットの認識や一般機器のID付与やセンシングに有効な技術であるため、農業・医療・産業分野での用途

 

展示のみどころ
開発した技術により、外部から赤や赤外の光を受け、照射光よりもエネルギーレベルが高い短波長光でIDを送出するデバイスのデモンストレーションを致します。この挙動がエナジーハーベスティング技術の実現形態の一つで、体内埋め込み型の波長変換デバイス・センサデバイスを駆動したり、環境動作型IoTデバイスに利用できる事を説明します。

特許情報

特許情報1 発明の名称
エナジーハーベスティングによる発光デバイス
特許情報1 出願人
国立大学法人奈良先端科学技術大学院大学
特許情報1 発明者
徳田 崇 他
特許情報1 出願日
2016/10/25
特許情報1 出願番号
特願2016-208459

お問い合わせ先

奈良先端技術大学 産学連携部門

電話:0743-72-5166   FAX:0743-72-5194  

プライバシーポリシー
Copyright © 2017   イノベーション・ジャパン2017運営事務局 All Rights Reserved.

PageTop