イノベーション・ジャパン2017 ~大学見本市&ビジネスマッチング~
Innovation Japan 2017
Home > 出展者一覧 > 奈良女子大学 生活環境学部 食物栄養学科
ライフサイエンス

奈良女子大学 生活環境学部 食物栄養学科

中田 理恵子 准教授

小間L-54

生活習慣病予防効果が期待できる食品機能成分の評価

Nara Women's University

Rieko Nakata

Evaluation of plant-derived functional ingredients for prevention of lifu-style related diseases.

3 すべての人に 健康と福祉を
出展ゾーン
大学等シーズ展示
出展分野
ライフサイエンス
小間番号
L-54

共同研究者

奈良女子大学 生活環境学部
教授 井上裕康

展示概要

技術概要
日々の食生活を通して、健康の維持や生活習慣病予防に努めることは、健康長寿社会を実現するために重要である。私たちは、副作用の懸念がある薬剤にかわる、植物由来機能成分での生活習慣病予防効果について、その作用機序解明を目指した研究を続けている。主に、生活習慣病の薬剤標的に対する作用を指標に、培養細胞を用いた候補成分の探索と、各種モデル動物を用いた生体内での作用の解析を行っており、新規機能性食品の開発に向けた科学的エビデンスの提供に利用できる。

想定される活用例
・食用植物由来の成分から、脂質代謝、骨格筋代謝等の改善が期待できる成分を探索する。
・モデル動物に候補成分を投与し、生体内での作用を解明する。

 

展示のみどころ
生活習慣病の薬剤標的を指標にして探索した機能性素材を示す。さらに、ブドウ、ピーナッツ、赤ワイン等に含まれるレスベラトロールを例に、脂質代謝改善、抗動脈硬化作用、運動持久力改善効果等について紹介する。

お問い合わせ先

国立大学法人奈良女子大学 研究協力課社会連携推進係

電話:0742-20-3968   FAX:0742-20-3958  

URL:http://www.nara-wu.ac.jp/liaison/contact/

プライバシーポリシー
Copyright © 2017   イノベーション・ジャパン2017運営事務局 All Rights Reserved.

PageTop