イノベーション・ジャパン2017 ~大学見本市&ビジネスマッチング~
Innovation Japan 2017
Home > 出展者一覧 > 奈良女子大学 生活環境学部 情報衣環境学科 衣環境学コース
装置・デバイス

奈良女子大学 生活環境学部 情報衣環境学科 衣環境学コース

佐藤 克成 講師

小間M-66
プレ0901-東1-A-30

温かさと冷たさが伝わる触感技術

Nara Women's University

Katsunari Sato

Haptic Display that can Present Warm and Cold Sensation

9 産業と技術革新の 基盤をつくろう
出展ゾーン
大学等シーズ展示
出展分野
装置・デバイス
小間番号
M-66
JSTショートプレゼン
0901-東1-A-30
9月1日(金)
JSTショートプレゼン東1-A
13:20

展示概要

技術概要
温冷感覚は、人が環境や触対象の変化を認識するうえで重要な役割を果たします。この温冷感覚を拡張したりバーチャルに知覚させる技術を展示します。従来の技術では、時間応答性の悪さや放熱部を含む装置の大きさなどが問題になっていました。この問題に対し、温冷感覚の空間的な知覚特性に着目することで、高速に温冷感覚を知覚させられる、小型な装置を実現しました。さらにこの装置を活用し、実物体から知覚する温冷感覚を拡張させる装置や、振動と同時に温冷感覚を再現する触感提示モジュールを開発しています。

想定される活用例
・グローブに搭載してVR環境における触感提示、ARにおける触感拡張
・血流促進効果を利用しての健康・美容器具
・ウェアラブル・ポータブル機器における情報呈示

 

展示のみどころ
体験可能な2種類の装置を展示します。1つは、温冷感覚を拡張する技術で、装置を身に着けてモノに触れると、実際とは異なる温度・質感に感じられます。プロトタイピングへの使用、衰えた感覚の増強などの応用が期待できます。もう1つは、触感提示モジュールで、従来の振動による触感提示に温冷感が加わることで、表現できる触感の幅が広がります。ゲームなどへの応用、血流促進による美容・健康器具などへの応用が期待できます。

 

温冷感覚の拡張装置

温冷感覚の拡張装置

振動感と温冷感を提示するモジュール

振動感と温冷感を提示するモジュール

特許情報

特許情報1 発明の名称
触覚情報変換装置、触覚情報変換方法、および、触覚情報変換プログラム、並びに、素子配置構造体
特許情報1 出願人
国立研究開発法人科学技術振興機構
特許情報1 発明者
舘暲(東京大学)、仲谷正史(東京大学)、佐藤克成(奈良女子大学)、南澤孝太(慶應義塾大学)、梶本裕之(電気通信大学)
特許情報1 出願日
2016/7/18
特許情報1 出願番号
特願2016-140982
特許情報2 発明の名称
触覚呈示装置
特許情報2 出願人
国立大学法人 東京大学、アルプス電気株式会社、学校法人 慶應義塾、国立大学法人 奈良女子大学、株式会社 東京大学TLO
特許情報2 発明者
舘暲(東京大学)、高井大輔、佐藤邦生、川名譲、萩原康嗣(アルプス電気)、南澤孝太(慶應義塾大学)、佐藤克成(奈良女子大学)
特許情報2 出願日
2016/11/28
特許情報2 出願番号
特願2016-230443
特許情報3 発明の名称
触覚呈示装置
特許情報3 出願人
アルプス電気株式会社
特許情報3 発明者
高井大輔、佐藤邦生、川名譲(アルプス電気)、佐藤克成(奈良女子大学)
特許情報3 出願日
2016/11/28
特許情報3 出願番号
特願2016-230444

お問い合わせ先

国立大学法人奈良女子大学 研究協力課社会連携推進係

電話:0742-20-3968   FAX:0742-20-3958  

URL:http://www.nara-wu.ac.jp/liaison/contact/

プライバシーポリシー
Copyright © 2017   イノベーション・ジャパン2017運営事務局 All Rights Reserved.

PageTop