イノベーション・ジャパン2017 ~大学見本市&ビジネスマッチング~
Innovation Japan 2017
Home > 出展者一覧 > 東京農工大学 大学院工学研究院 先端物理工学部門
装置・デバイス

東京農工大学 大学院工学研究院 先端物理工学部門

生嶋 健司 准教授

小間M-27
プレ0831-東1-B-55

超音波で電気・磁気特性を可視化する ~ヒトからインフラまで~

Tokyo University of Agriculture and Technology

Associate Professor Kenji Ikushima

Visualizing electromagnetic properties through ultrasonic scanning ---From medical applications to nondestructive inspection of infrastructures---

17 パートナーシップで 目標を達成しよう
出展ゾーン
大学等シーズ展示
出展分野
装置・デバイス
小間番号
M-27
JSTショートプレゼン
0831-東1-B-55
8月31日(木)
JSTショートプレゼン東1-B
15:50

展示概要

技術概要
超音波計測は医療診断や建築物構造検査などの非侵襲・非破壊測定として広く実用化されています。ところが従来超音波計測では傷や異物の検知が主流であり、物質および生体内の電気・磁気物性の測定は困難です。 最近、我々は、超音波によって電気分極や磁化を振動させ、その分極変化により誘起される電磁応答を検出・画像化する手法(ASEM法)の開発に成功しました。この新しい手法により、超音波による非侵襲な圧電イメージングや磁気イメージングが可能となり、医療診断、材料評価、工業非破壊検査、インフラ診断など広範囲の分野への実用化が期待されます。

想定される活用例
・生体内のコラーゲン組織の評価
・鉄鋼、インフラ構造体等の非破壊検査
・セラミック、CFRPなどの材料評価

 

展示のみどころ
測定装置をセットアップして、鋼材などの簡易デモを実施します。

 

通常の超音波計測との比較

通常の超音波計測との比較

超音波による磁気イメージング

超音波による磁気イメージング

特許情報

特許情報1 発明の名称
音波誘起電磁波による物体の特性測定方法及び装置
特許情報1 出願人
科学技術振興機構(JST)
特許情報1 発明者
生嶋健司、小宮山進
特許情報1 出願日
2006/8/14
特許情報1 出願番号
特願2007-544069: 特許第4919967号
特許情報2 発明の名称
音波誘起電磁波による物体の特性測定方法及び装置
特許情報2 出願人
科学技術振興機構(JST)
特許情報2 発明者
生嶋健司、小宮山進
特許情報2 出願日
2011/10/06(原出願日:2006/08/14)
特許情報2 出願番号
特願2011-221814, 2011-221815(原出願番号:特願2007-544069): 特許第5460668号, 特許第5460669号
特許情報3 発明の名称
被測定対象の特性測定装置及及び被測定対象の特性測定方法
特許情報3 出願人
東京農工大学
特許情報3 発明者
生嶋健司
特許情報3 出願日
2012/7/10
特許情報3 出願番号
特願2013-524664: 特許第5892623号

お問い合わせ先

東京農工大学 先端産学連携研究推進センター

電話:042-388-7550   FAX:042-388-7553  

URL:http://www.rd.tuat.ac.jp/urac/index.html

プライバシーポリシー
Copyright © 2017   イノベーション・ジャパン2017運営事務局 All Rights Reserved.

PageTop