イノベーション・ジャパン2017 ~大学見本市&ビジネスマッチング~
Innovation Japan 2017
Home > 出展者一覧 > 鈴鹿工業高等専門学校 - 材料工学科
低炭素・エネルギー

鈴鹿工業高等専門学校 - 材料工学科

南部 智憲 教授

小間E-22
プレ0831-東1-A-43

次世代エネルギーキャリアからの水素分離・精製用金属膜の開発

National Institute of Technology, Suzuka College

Professor Tomonori Nambu

Development of Alloy membrane for Hydrogen Separation and Purification from New Energy Carriers

7 エネルギーをみんなに そしてクリーンに
出展ゾーン
大学等シーズ展示
出展分野
低炭素・エネルギー
小間番号
E-22
JSTショートプレゼン
0831-東1-A-43
8月31日(木)
JSTショートプレゼン東1-A
14:40

共同研究者

鈴鹿工業高等専門学校 材料工学科
助教 小俣 香織

展示概要

技術概要
 CREST研究領域「再生可能エネルギーからのエネルギーキャリアの製造とその利用のための革新的基盤技術の創出」で取り組んでいる「バナジウム系合金膜による次世代エネルギーキャリアからの革新的水素分離・精製基盤技術の創出」において、これまで得られた研究成果を展示する。アンモニアやメチルシクロヘキサンから水素の絶対分離が可能であり、耐水素脆性に優れるバナジウム系合金膜の設計技術、ならびに水素製造システムの概要を紹介する。さらに、鈴鹿高専が有する水素機能材料や触媒材料の特殊評価設備を紹介する。

想定される活用例
・水素の活用分野: 水素ステーション、半導体製造用超高純度水素製造システム
・水素の排気分野: 水素ガスのみの選択排気システム
・機能材料の開発分野: 耐水素脆の評価、触媒材料の機能評価

 

展示のみどころ
 世界最高性能を発揮するバナジウム系水素分離合金膜の実物や、金属膜を用いた水素分離システムの試作品模型を展示し、高純度水素製造技術の革新性をわかりやすく紹介する。また、水素透過合金膜の設計ノウハウや最新の研究成果、あるいは水素機能材料や新規触媒材料の物性を評価する特殊な研究設備などを詳しく紹介し、低炭素社会の発展に向けた機能材料の位置づけと将来性、ならびに研究能力をPRする。

特許情報

特許情報1 発明の名称
水素分離膜及び水素分離方法
特許情報1 出願人
独立行政法人国立高等専門学校機構、他2者
特許情報1 発明者
南部智憲、他5名
特許情報1 出願日
2013/3/8
特許情報1 出願番号
特願2013-46770
特許情報2 発明の名称
水素透過速度の推定方法、水素製造装置及びその運転方法
特許情報2 出願人
独立行政法人国立高等専門学校機構、他2者
特許情報2 発明者
南部智憲、他3名
特許情報2 出願日
2011/6/24
特許情報2 出願番号
特願2011-140679
特許情報3 発明の名称
V-W系合金膜からなる水素分離膜及び水素分離法
特許情報3 出願人
独立行政法人国立高等専門学校機構、他2者
特許情報3 発明者
南部智憲、他7名
特許情報3 出願日
2011/3/24
特許情報3 出願番号
特願2009-212550
プライバシーポリシー
Copyright © 2017   イノベーション・ジャパン2017運営事務局 All Rights Reserved.

PageTop