イノベーション・ジャパン2017 ~大学見本市&ビジネスマッチング~
Innovation Japan 2017
Home > 出展者一覧 > 龍谷大学 理工学部 電子情報学科
低炭素・エネルギー

龍谷大学 理工学部 電子情報学科

木村 睦 教授

小間E-24

発電効率とコストを両立するレアメタルフリー酸化物半導体熱電素子

Ryukoku University

Professor Mutsumi Kimura

High-performance and low-cost of thermoelectric device acievide by Rare-metal-free Ga-Sn-O oxide semiconductor

9 産業と技術革新の 基盤をつくろう
出展ゾーン
大学等シーズ展示
出展分野
低炭素・エネルギー
小間番号
E-24

共同研究者

龍谷大学 革新的材料・プロセス研究センター
客員研究員 松田 時宜

展示概要

技術概要
アモルファス酸化物半導体の一つとしてGa-Sn-O(GTO)がある。GTOは、IGZOと理論的に類似の構造をもつため優れた特性・高い経時信頼性・低温作製可能などを実現できるが、IGZOと異なりレアメタルを含まないので、資源の枯渇やコストの懸念がない。127℃(400K)でゼーベック係数が183μV/Kでパワーファクタが0.147mW/mK2という、レアメタルを含まず、低温で成膜した酸化物材料として、今後の改善が期待できる値を得た。

想定される活用例
・高効率、高信頼性、低コストなエナジーハーベスティングデバイス
 とくに、IoTセンサーの電源としての応用が期待される。

 

展示のみどころ
実用する上で重要なファクターである「高効率」、「高信頼性」、「低コスト」の3拍子揃った熱電素子を可能にする技術の紹介を、試作したサンプルとともに説明します。

お問い合わせ先

龍谷エクステンションセンター(REC)

電話:077-544-7299   FAX:077-543-7771  

URL:http://rec.seta.ryukoku.ac.jp/index.php

プライバシーポリシー
Copyright © 2017   イノベーション・ジャパン2017運営事務局 All Rights Reserved.

PageTop