イノベーション・ジャパン2017 ~大学見本市&ビジネスマッチング~
Innovation Japan 2017
Home > 出展者一覧 > 九州工業大学 大学院 生命体工学研究科 生体機能応用工学専攻
マテリアル・リサイクル

九州工業大学 大学院 生命体工学研究科 生体機能応用工学専攻

西田治男 教授

小間Z-33
プレ0901-東1-A-53

未利用資源”竹”を一般工業資材に変換!

Kyushu Institute of Technology

Professor Haruo Nishida

Bamboo Change for Industrial Materials!

9 産業と技術革新の 基盤をつくろう
出展ゾーン
大学等シーズ展示
出展分野
マテリアル・リサイクル
小間番号
Z-33
JSTショートプレゼン
0901-東1-A-53
9月1日(金)
JSTショートプレゼン東1-A
15:40

展示概要

技術概要
”竹”は西日本一帯に繁茂し、その旺盛な繁殖力は侵入竹林として農地や家屋にまで拡大し”竹公害”とまで言われるようになった。しかし、”竹”はその均一な組織構造と膨大な賦存量、再生速度のため、我が国随一のバイオマス資源である。この”竹”資源を”水”から誘導した”過熱水蒸気”だけを使って、自動車やIT機器、住宅、一般公共資材など、幅広い用途に利用展開できる微細で均一なマイクロ~ナノファイバー、農作物や入浴剤、化粧品に利用可能な竹蒸気抽出液へと変換する技術を確立した。

想定される活用例
低炭素社会に寄与する高性能バイオマスコンポジット製品
透明性と機械的強度に優れたナノファイバーコンポジット製品
”竹”と”容りプラ”の組み合わせによる、地産地消、地方創生型コンポジット製品

 

展示のみどころ
”竹”由来のマイクロウィスカー/微粉末を60wt%まで含有した射出成形体、異形押出成形体
リグノセルロースからワンポットで作製した透明性の高いコンポジットフィルム
過熱水蒸気処理によって得られたノンタール・ノンベンゾピレン竹蒸気抽出液

 

射出成形体(25%含有)

射出成形体(25%含有)

異形押出成形体(51%含有)

異形押出成形体(51%含有)

特許情報

特許情報1 発明の名称
竹繊維およびその製造方法ならびに竹繊維を用いた複合材の製造方法
特許情報1 出願人
国立大学法人九州工業大学
特許情報1 発明者
西田治男、永田浩一、白井義人
特許情報1 出願日
2010/8/13
特許情報1 出願番号
特願2010-181361
特許情報2 発明の名称
高分子複合材料用帯電防止剤および帯電防止性部材
特許情報2 出願人
国立大学法人九州工業大学
特許情報2 発明者
西田治男、松本健太郎
特許情報2 出願日
2013/3/7
特許情報2 出願番号
特願2013-045033
特許情報3 発明の名称
バイオマスナノ繊維の製造方法およびバイオマスナノ繊維・高分子樹脂複合体の製造方法
特許情報3 出願人
国立大学法人九州工業大学
特許情報3 発明者
附木貴行、西田治男
特許情報3 出願日
2014/5/22
特許情報3 出願番号
特願2014-105821

お問い合わせ先

九州工業大学大学院生命体工学研究科

電話:093-695-6233   FAX:093-695-6238  

URL:http://www.life.kyutech.ac.jp/~nishida/

プライバシーポリシー
Copyright © 2017   イノベーション・ジャパン2017運営事務局 All Rights Reserved.

PageTop