イノベーション・ジャパン2017 ~大学見本市&ビジネスマッチング~
Innovation Japan 2017
Home > 出展者一覧 > 東海大学 工学部 機械工学科
ナノテクノロジー

東海大学 工学部 機械工学科

岩森 暁 教授

小間N-17
プレ0831-東1-B-12

検知膜に有機・無機ナノ材料を利用したナノセンシング技術

Tokai University

Professor Satoru Iwamori

Nano-sensing technologies using oraganic and inorganic nano materials as detection layers

9 産業と技術革新の 基盤をつくろう
出展ゾーン
大学等シーズ展示
出展分野
ナノテクノロジー
小間番号
N-17
JSTショートプレゼン
0831-東1-B-12
8月31日(木)
JSTショートプレゼン東1-B
11:35

共同研究者

東海大学 創造科学研究機構
准教授 クリニッチ セルゲイ

展示概要

技術概要
揮発性有機化合物(以下、VOC)や酸化性活性種といった気体の検知技術の研究を行っている。今回、(1)液中レーザアブレーションによって作製した金属酸化物ナノ粒子の薄膜や、(2)スパッタリングにより形成した有機フッ素の薄膜がVOCや酸化性活性種を吸着すると、薄膜の電位に変化が生じることを見出した。(2)の薄膜は、酸化性活性種の中でも最も酸化力の高いOH*に対して特異的に反応する。今回、上記2種の薄膜の特異な吸着特性や検知特性の他、これら薄膜を使ったVOCや酸化性活性種の検知技術を紹介する。

想定される活用例
・VOCセンサー
・酸化性活性種の中で最も酸化力の高いOH*に特異的に反応する色素インジケータ
・ラジカルを利用した表面処理プロセスのモニタリング(金属や高分子材料の表面改質、有機物のアッシング処理等)

 

展示のみどころ
液中レーザアブレーションにより作製した様々な金属酸化物ナノ粒子を展示します。また、QCM法を利用した微量ガスのセンシングシステムを展示すると共に、活性酸素生成装置についても展示します。

特許情報

特許情報1 発明の名称
活性酸素検知用インジケータ
特許情報1 出願人
学校法人東海大学、岩崎電気株式会社、国立研究開発法人産業技術総合研究所
特許情報1 発明者
岩森暁、岡村陽介、大家渓、西山信人、水越晴彦、松本裕之、吉野潔、岩崎達行、小佐々亮、野田和俊
特許情報1 出願日
2015/2/27
特許情報1 出願番号
特願2015-037534
特許情報2 発明の名称
医療用インジケータ、および医療用滅菌容器
特許情報2 出願人
学校法人東海大学、岩崎電気株式会社、国立研究開発法人産業技術総合研究所
特許情報2 発明者
岩森暁、大家渓、宮本将伍、大西康貴、木下忍、岩崎達行、吉野潔、松本裕之、野田和俊
特許情報2 出願日
2014/2/27
特許情報2 出願番号
特願2014-036939
特許情報3 発明の名称
酸化性活性化学種センサ、酸化性活性化学種存在量の測定方法及び酸化性活性化学種存在量の測定装置
特許情報3 出願人
独立行政法人産業技術総合研究所、岩崎電気株式会社
特許情報3 発明者
野田和俊、愛澤秀信、竹内大輔、岩森暁、松本裕之、松岡幹彦
特許情報3 出願日
2008/9/24
特許情報3 出願番号
特願2008-243596

お問い合わせ先

東海大学 研究推進部 産官学連携推進課

電話:0463-58-1211   FAX:0463-58-1812  

URL:http://www.u-tokai.ac.jp/research/

プライバシーポリシー
Copyright © 2017   イノベーション・ジャパン2017運営事務局 All Rights Reserved.

PageTop