イノベーション・ジャパン2017 ~大学見本市&ビジネスマッチング~
Innovation Japan 2017
Home > 出展者一覧 > 工学院大学 先進工学部 応用物理学科
環境保全・浄化

工学院大学 先進工学部 応用物理学科

坂本哲夫 教授

小間K-05
プレ0831-東1-A-55

植物への放射性セシウム吸収をミクロな視点で可視化する質量顕微鏡

Kogakuin University

Professor Tetsuo Sakamoto

Imaging Mass Spectrometer for Raioactive Cesium in Plants under Microscopic View

11 住み続けられる まちづくりを
出展ゾーン
大学等シーズ展示
出展分野
環境保全・浄化
小間番号
K-05
JSTショートプレゼン
0831-東1-A-55
8月31日(木)
JSTショートプレゼン東1-A
15:50

展示概要

技術概要
本技術は、「植物の凍結切片の作製方法」と「切片内のセシウムをミクロなスケールで可視化する質量顕微鏡」の2点から成る。福島の放射性セシウムは山間部に蓄積され、樹木草類と土壌との間で移動を繰り返しながら、水系や大気を通じて平野部にも移行している。また、土壌から農作物へのセシウムの移行も懸念される。これまではラジオグラフィ等が用いられてきたが、器官や細胞レベルの解像度は有していない。加えて、核種の判別はできない。今回の凍結切片質量顕微鏡では、水分を含んだ状態での植物を凍結切片化し、高分解能質量顕微鏡でイメージングできるため、セシウム吸収のメカニズム解析や可食部への移行の詳細が明らかになる技術である。

想定される活用例
・農作物可食部へのセシウム移行の判断。またはそれを防ぐための技術開発。
・バイオレメディエーションなどの土壌改質技術向上への貢献。
・除染効果の「目に見える形での」効果の検証が住民の安心に繋がる。

 

展示のみどころ
植物がセシウムをどのように吸収し、どこにセシウムが蓄積するのかが顕微鏡画像として判ります。従来の方法では見ることが困難な現象です。

 

凍結した茎(ガガイモを5 mMで水耕栽培)の成分像

凍結した茎(ガガイモを5 mMで水耕栽培)の成分像

特許情報

特許情報1 発明の名称
質量分析装置および質量分析法
特許情報1 出願人
工学院大学
特許情報1 発明者
坂本哲夫
特許情報1 出願日
2014/7/22
特許情報1 出願番号
特願2014-149023
特許情報2 発明の名称
中性粒子質量分析装置
特許情報2 出願人
(株)トヤマ、工学院大学
特許情報2 発明者
坂本哲夫、長嶋悟、遠藤克己
特許情報2 出願日
2013/8/28
特許情報2 出願番号
特願2013-176865

お問い合わせ先

工学院大学 研究戦略部 研究推進課

電話:042-628-4940   FAX:042-626-6726  

URL:http://www.kogakuin.ac.jp/

プライバシーポリシー
Copyright © 2017   イノベーション・ジャパン2017運営事務局 All Rights Reserved.

PageTop