イノベーション・ジャパン2017 ~大学見本市&ビジネスマッチング~
Innovation Japan 2017
Home > 出展者一覧 > 工学院大学 建築学部 建築学科
防災

工学院大学 建築学部 建築学科

田村 雅紀 教授

小間D-02
プレ0831-東1-B-29

アジア・モンスーン地域住宅における自然災害対応型-建設技術の開発・普及

Kougakuin University

Professor Tamura Masaki

The Development and Widespread of Construction Technology with Natural Disaster Prevantion in Asia Monsoon Area

11 住み続けられる まちづくりを
出展ゾーン
大学等シーズ展示
出展分野
防災
小間番号
D-02
JSTショートプレゼン
0831-東1-B-29
8月31日(木)
JSTショートプレゼン東1-B
13:15

展示概要

技術概要
世界におけるアジアモンスーン地域の重要度は近年急速に高まる傾向にある。本研究は、世界第4位の人口を誇るインドネシアの住宅開発に焦点を当て、住宅等の社会資本形成が十分ではない地域に、日本の技術力を利用した風水害等への防御性が強い一般住宅を建設し、自然災害への安全性が確保された住宅の拡大普及を図る。建物の外壁材として一般化した軽量ブロックの接合部に3軸型ポリプロピレンメッシュシートをポリマーモルタルにより部分被着させ、水平・垂直方向への地震力に対する防御性・頑強性を確保し、安全・安心な資本形成を実現する。

想定される活用例
住宅外壁の軽量ブロックの施工後に、補強用のメッシュシートを外部から被着させる技術を適用することで、新築を中心に、年間100万戸建設される住宅群が自然災害対応型の資本に更新される可能性がある。

 

展示のみどころ
アジアモンスーン地域での自然災害対応型の住宅開発に関わる技術を紹介する。
1)アジアモンスーン地域の住宅事情のモニター映像による紹介
2)アジアモンスーン地域の住宅図面
3)軽量ブロックに3軸型ポリプロピレンメッシュシートを被着させた模擬試験体

 

アジア・モンスーン地域住宅

アジア・モンスーン地域住宅

自然災害対応型-建設技術の開発状況

自然災害対応型-建設技術の開発状況

特許情報

特許情報1 発明の名称
天井の修復方法及び壁の修復方法
特許情報1 出願人
学校法人 工学院大学
特許情報1 発明者
後藤 治、田村 雅紀他
特許情報1 出願日
未公開
特許情報1 出願番号
特許情報2 発明の名称
補修壁、補修天井及びコテ仕上げ面体の補修方法
特許情報2 出願人
学校法人 工学院大学他
特許情報2 発明者
後藤 治、田村 雅紀他
特許情報2 出願日
未公開
特許情報2 出願番号

お問い合わせ先

工学院大学研究推進課

電話:03-3342-1211  

プライバシーポリシー
Copyright © 2017   イノベーション・ジャパン2017運営事務局 All Rights Reserved.

PageTop