イノベーション・ジャパン2017 ~大学見本市&ビジネスマッチング~
Innovation Japan 2017
Home > 出展者一覧 > 工学院大学 先進工学部 機械理工学科
低炭素・エネルギー

工学院大学 先進工学部 機械理工学科

雑賀 高 教授

小間E-09

アンモニア燃料の分解による水素供給システム

Kogakuin University

Professor Takashi Saika

Hydrogen Generation System with Dissociation of Ammonia Fuel

12 つくる責任 つかう責任
出展ゾーン
大学等シーズ展示
出展分野
低炭素・エネルギー
小間番号
E-09

展示概要

技術概要
本システムはアンモニアを使用時に分解して水素を取り出し使用することができる。アンモニアを燃料タンクから気化器によりガス化させ,熱交換器により昇温し,分解器の触媒にアンモニアを通すことにより水素と窒素に分解するシステムである.小型化に対応しており,車両等の移動体にも搭載可能である。分解器の分解効率はシステムの性能を評価するうえで最も重要である。アンモニア分解実験によりアンモニアの分解効率および燃料供給の変動に対する分解器の特性を明らかにしている。

想定される活用例
・家庭用コージェネレーションシステムへの水素供給
・車載用燃料電池用への水素供給
・ポータブル形燃料電池発電機への水素供給

 

展示のみどころ
19インチラックにシステム一式を収めている。システム稼働による発電を展示する。

特許情報

特許情報1 発明の名称
水素生成装置
特許情報1 出願人
タマティーエルオー株式会社
特許情報1 発明者
雑賀 高,ほか5名
特許情報1 出願日
平成21年2月26日(2009.2.26)
特許情報1 出願番号
特願2009-43915(P2009-43915)
特許情報2 発明の名称
バイオマス発電システム
特許情報2 出願人
学校法人 工学院大学
特許情報2 発明者
雑賀 高,ほか6名
特許情報2 出願日
平成26年8月21日(2014.8.21)
特許情報2 出願番号
特願2014-168390(P2014-168390)
プライバシーポリシー
Copyright © 2017   イノベーション・ジャパン2017運営事務局 All Rights Reserved.

PageTop