イノベーション・ジャパン2017 ~大学見本市&ビジネスマッチング~
Innovation Japan 2017
Home > 出展者一覧 > 筑波大学 システム情報系 情報工学域
情報通信

筑波大学 システム情報系 情報工学域

山際伸一 准教授

小間I-07
プレ0901-東1-B-39

スキルグルーピング~人のスキルを引き出す人工知能が寄り添う新しいIoTのカタチ~

University of Tsukuba

Shinichi Yamagiwa

Skill Grouping: A new artificial intelligence for IoT that finds skill distances from human movement sensory BigData.

9 産業と技術革新の 基盤をつくろう
出展ゾーン
大学等シーズ展示
出展分野
情報通信
小間番号
I-07
JSTショートプレゼン
0901-東1-B-39
9月1日(金)
JSTショートプレゼン東1-B
14:15

共同研究者

大阪大学 産業科学研究所
准教授 河原吉伸

展示概要

技術概要
人の動きに着目し、動きの差を「スキルの距離」と定義して、その距離を求める新しい人工知能技術で、映像やセンサーから取得した動きのビッグデータを利用し、その有効性を示している。ランニングに関しては、マラソンのトップランナーとのスキルの距離を本人工知能技術で求めることで、走りの改善点を見出すことができ、時間軸でスキルの距離をマッピングすることで、上達具合がわかることを、スキーの実験からも明らかにしている。さらに、異なる道具を用いた場合の動きの距離も観測でき、道具の改良等への応用の可能性も示している。

想定される活用例
・車運転技能の判定活用による各分野(安全技術、保険市場等)
・認知症や成人病の原因検知といった医療分野
・トレーニング方法の提示によるスポーツ分野
・道具のフィッティングを提示できることによるリハビリテーション機器の開発

 

展示のみどころ
新しい人工知能技術「スキルグルーピング」を、デモを交え、展示いたします。本技術は、組み込みシステム技術/IoT展2016にて、特別賞を受賞した技術です。スポーツトレーニングに利用した成果等をパネルとデモで展示する予定です。

 

スキルグルーピングの技術開発モチベーション

スキルグルーピングの技術開発モチベーション

スキルグルーピングで動きの差を発見できます

スキルグルーピングで動きの差を発見できます

お問い合わせ先

ストリームテクノロジ株式会社

URL:http://www.streamtechnology.co.jp/

プライバシーポリシー
Copyright © 2017   イノベーション・ジャパン2017運営事務局 All Rights Reserved.

PageTop