イノベーション・ジャパン2017 ~大学見本市&ビジネスマッチング~
Innovation Japan 2017
Home > 出展者一覧 > 兵庫県立大学 大学院工学研究科 材料・放射光工学専攻
ナノテクノロジー

兵庫県立大学 大学院工学研究科 材料・放射光工学専攻

乾 徳夫 准教授

小間N-30
プレ0831-東1-B-21

ピコグラム分解能を有する単一ナノ粒子の質量計測

University of Hyogo

Associate Professor Inui Norio

Weighing a single particle with pico-gram resolution

3 すべての人に 健康と福祉を
出展ゾーン
大学等シーズ展示
出展分野
ナノテクノロジー
小間番号
N-30
JSTショートプレゼン
0831-東1-B-21
8月31日(木)
JSTショートプレゼン東1-B
12:30

展示概要

技術概要
ナノテクロジーの発達により,高機能な微粒子が次々と開発されている.例えば,多くの空隙があるポーラス粒子,表面に触媒機能を持たせたコアシェル,また,複数のナノ粒子を合体させたナノコンポジット等がある.これら複雑な微粒子の内部構造や組成比の解析には,個々の密度を計測することが必要になる.しかし,従来の単一粒子の測定には高度で高価な装置を必要とした.我々は,懸垂した液滴(水滴)内に微粒子を閉じ込め,そのブラウン運動を観察することで,容易に単一粒子の質量をピコ分解で推定する方法を開発した.

想定される活用例
・ポーラス球の空隙率推定
・ナノコンポジット球の組成比推定
・電気二重層力のデバイ長推定

 

展示のみどころ
計測原理が単純であるため,企業の研究室レベルであればすぐに利用できる技術である.そこで,計測に必要な機器のうち,顕微鏡を除き,すべてを準備し実際に測定手順を見て頂くことができる.また,録画したブラウン運動の動画を準備し解析までを一貫して展示.コンピュータシミュレーションの結果と併せて技術の短所と長所を分かり易く説明.

 

単一粒子の質量計測

単一粒子の質量計測

コロイド粒子系のデバイ長計測

コロイド粒子系のデバイ長計測

お問い合わせ先

兵庫県立大学産学連携・研究推進機構

電話:079-283-4560   FAX:079-283-4561  

URL:http://www.u-hyogo.ac.jp/research/

プライバシーポリシー
Copyright © 2017   イノベーション・ジャパン2017運営事務局 All Rights Reserved.

PageTop