イノベーション・ジャパン2017 ~大学見本市&ビジネスマッチング~
Innovation Japan 2017
Home > 出展者一覧 > 兵庫県立大学 大学院工学研究科 化学工学専攻
低炭素・エネルギー

兵庫県立大学 大学院工学研究科 化学工学専攻

前田 光治 教授

小間E-28
プレ0831-東1-A-47

ニッケル水素電池のサイクル寿命を3倍にする技術

University of Hyogo

Professor Kouji Maeda

Prolonged Life Technology for Nickel-hydride Battery

9 産業と技術革新の 基盤をつくろう
出展ゾーン
大学等シーズ展示
出展分野
低炭素・エネルギー
小間番号
E-28
JSTショートプレゼン
0831-東1-A-47
8月31日(木)
JSTショートプレゼン東1-A
15:05

展示概要

技術概要
二次電池の性能が電極表面の結晶状態に依存、また結晶が高圧力下では緻密で欠陥の少なくなることに着目し、高圧力下での電極反応に関し研究を進めた。二次電池としてニッケル水素電池を対象とした。市販のニッケル水素電池を密封容器に配置し、3MPaの静水圧下で充放電を繰り返したところ、充放電サイクル寿命が3倍(常圧時比)となること、充電速度も高くなることを確認した。圧力下の充放電で、電極表面が微細で緻密な結晶状態になっており、充電速度やサイクル寿命が飛躍的に改善されることを示した。

想定される活用例
・長寿命、高速充電対応のEV用等の二次電池
・自然エネルギー発電の変動吸収用の二次電池

 

展示のみどころ
実験に用いたセル展示にて、比較的簡単な圧力印加だけで、電池性能が飛躍的に改善する事、その性能改善が科学的に説明可能な事を示す。

 

高圧力ニッケル水素電池の長寿命化

高圧力ニッケル水素電池の長寿命化

正極・負極の結晶性状

正極・負極の結晶性状

特許情報

特許情報1 発明の名称
二次電池の通電方法、通電装置、二次電池
特許情報1 出願人
前田光治、福井啓介、守時正人
特許情報1 発明者
前田光治、福井啓介、守時正人
特許情報1 出願日
2012/9/13
特許情報1 出願番号
特願2012-202136

お問い合わせ先

兵庫県立大学産学連携・研究推進機構

電話:079-283-4560   FAX:079-283-4561  

URL:http://www.u-hyogo.ac.jp/research/

プライバシーポリシー
Copyright © 2017   イノベーション・ジャパン2017運営事務局 All Rights Reserved.

PageTop