イノベーション・ジャパン2017 ~大学見本市&ビジネスマッチング~
Innovation Japan 2017
Home > 出展者一覧 > 兵庫県立大学 大学院応用情報科学研究科 応用情報科学専攻
情報通信

兵庫県立大学 大学院応用情報科学研究科 応用情報科学専攻

申 吉浩 教授

小間I-36

新規な機械学習手法によるフェイクサイト検知技術

University of Hyogo

Professor Yoshihiro Shin

Detection of fake sites leveraging novel machine learning techniques

9 産業と技術革新の 基盤をつくろう
出展ゾーン
大学等シーズ展示
出展分野
情報通信
小間番号
I-36

展示概要

技術概要
詐欺を目的とするフェイクサイトはインターネット上の商取引における重大な脅威であり、その検知はインターネットの安全利用にとって必須である。本研究では、コンテンツやURLに基づく回避が可能な従来の手法ではなく、原理的に回避が困難であるHTMLの構造(DOM木)の解析に根拠をおく手法により、フェイクサイトの検知を実現する。本研究で使用する手法は、本研究室において、構造化データの汎用の解析手法として研究を続けてきた「木カーネル」によるもので、木の構造をもつデータを高次元空間にマップし、SVMなどの機械学習の手法の適用を可能とするものである。数千件の実データで検証したところ98%の検出率を達成した。

想定される活用例
・ブラウザに組み込むツールとして実現し、エンドユーザにフェイクサイトを警告
・サーバ上に実装し、ユーザからの問い合わせに対して、検知結果を通知
・公共性のある機関においてフェイクサイトのブラックリスト作成の目的に使用

 

展示のみどころ
プロトタイプを用いたデモを実施する。来場者に、ランダムに選んだ真贋二様の実在のサイトのページを見せて、真贋を予想してもらう。その後、プロトタイプにて予測を行い、正解との比較を行う。

お問い合わせ先

兵庫県立大学産学連携・研究推進機構

電話:079-283-4560   FAX:079-283-4561  

URL:http://www.u-hyogo.ac.jp/research/

プライバシーポリシー
Copyright © 2017   イノベーション・ジャパン2017運営事務局 All Rights Reserved.

PageTop