イノベーション・ジャパン2017 ~大学見本市&ビジネスマッチング~
Innovation Japan 2017
Home > 出展者一覧 > 兵庫県立大学 大学院工学研究科 材料・放射光工学専攻
マテリアル・リサイクル

兵庫県立大学 大学院工学研究科 材料・放射光工学専攻

鳥塚 史郎 教授

小間Z-28
プレ0901-東1-A-51

医療用小型精密器具を革新する超微細組織高強度ステンレス線材

University of Hyogo

Professor Shiro Torizuka

Application of high strength and high formability nanostructured stainless steel to medical apparatus

17 パートナーシップで 目標を達成しよう
出展ゾーン
大学等シーズ展示
出展分野
マテリアル・リサイクル
小間番号
Z-28
JSTショートプレゼン
0901-東1-A-51
9月1日(金)
JSTショートプレゼン東1-A
15:30

展示概要

技術概要
結晶粒径が1μm以下のサブミクロン超微細粒金属は、高強度を期待でき多くの研究がなされてきたが、実用化された例は無い。その原因は、第一に結晶粒微細化で高強度になるが低延性となり加工が困難となること、第二に、ナノレベル超微細粒組織の材料の量産技術がなかったことである。その2つの問題を解決し、高強度精密微小ねじの量産化を世界で初めて実現した。現在、精密・微小・高強度が求められる先端医療器具の進化に貢献すべく、先ずはカテーテルへの応用展開を図っている。他の医療器具でのニーズを幅広く求めている。

想定される活用例
・医療用、自動車用、情報家電用等の高強度微小精密部品

 

展示のみどころ
医療用カテーテル試作品、ナノ組織化高強度精密ねじと本ねじが搭載されたスマートフォン、ナノ組織ワイヤーを展示。カテーテルの先端が、バリがなく極めてシャープであり、低浸襲の医療の実現を実感できる。また、ねじ内部の組織が、従来ねじに比べて、どれほど微細になっているかを実感できる。

 

超微細粒組織ステンレス鋼でできた内視鏡処置具

超微細粒組織ステンレス鋼でできた内視鏡処置具

超微細組織をもつマイクロねじ

超微細組織をもつマイクロねじ

特許情報

特許情報1 発明の名称
成形品とその製造方法
特許情報1 出願人
(独)物質・材料研究機構、(株)降矢技研
特許情報1 発明者
鳥塚史郎、長井寿、村松榮次郎、鈴木由幸
特許情報1 出願日
2005/10/17
特許情報1 出願番号
特許第4408617号

お問い合わせ先

兵庫県立大学産学連携・研究推進機構

電話:079-283-4560   FAX:079-283-4561  

URL:http://www.u-hyogo.ac.jp/research/

プライバシーポリシー
Copyright © 2017   イノベーション・ジャパン2017運営事務局 All Rights Reserved.

PageTop