イノベーション・ジャパン2017 ~大学見本市&ビジネスマッチング~
Innovation Japan 2017
Home > 出展者一覧 > 群馬高専 物質工学科
環境保全・浄化

群馬高専 物質工学科

平靖之 准教授

小間K-04

廃ガラスを再利用した環境浄化材料

National Institute of Technology, Gunma College

Associate Professor Nobuyuki Taira

Reuse of waste glass for removal of toxic substances from environment

6 安全な水とトイレ を世界中に
出展ゾーン
大学等シーズ展示
出展分野
環境保全・浄化
小間番号
K-04

展示概要

技術概要
本技術は廃ガラスを再利用して多孔質物質と複合体を作製し,放射性物質(セシウム,ストロンチウム等)や悪臭物質(アンモニア等)の除去が可能な環境浄化材料を開発している。本発表では,多孔質物質であるゼオライトと廃ガラス粉末を適切な比率で混合して作製した複合体が,高い機械的強度を有しながら高いストロンチウム除去能を示すことを中心にして,種々の検証例について紹介する。

想定される活用例
・河川や湖沼からの放射性物質の除去
・家畜糞尿廃水の浄化
・水環境からの臭気物質除去

 

展示のみどころ
本展示では,廃ガラスを再利用して作製したガラス/ゼオライト複合体の水浄化材としての有用性を,他の技術と比較しながらパネルを使って紹介する。作製した試料を展示し,高い機械的強度を有しながら高い有害物質除去能を有することを演示する。また視覚でわかりやすく説明するため,PCおよびディスプレイを用いて研究内容紹介を行う。

プライバシーポリシー
Copyright © 2017   イノベーション・ジャパン2017運営事務局 All Rights Reserved.

PageTop