イノベーション・ジャパン2017 ~大学見本市&ビジネスマッチング~
Innovation Japan 2017
Home > 出展者一覧 > 大阪府立大学 研究推進機構 21世紀科学研究センター NanoSquare拠点研究所
医療

大阪府立大学 研究推進機構 21世紀科学研究センター NanoSquare拠点研究所

中瀬 生彦 特別講師

小間W-30
プレ0901-東1-B-18

機能性ペプチド修飾型エクソソームを基盤とした薬物送達技術

Osaka Prefecture University

Special Lecturer Ikuhiko Nakase

Intracellular delivery of therapeutic molecules based on biofunctional peptide-modified exosomes

17 パートナーシップで 目標を達成しよう
出展ゾーン
大学等シーズ展示
出展分野
医療
小間番号
W-30
JSTショートプレゼン
0901-東1-B-18
9月1日(金)
JSTショートプレゼン東1-B
12:10

展示概要

技術概要
エクソソームは30 〜 200 nm程度の細胞分泌小胞で、細胞間コミュニケーションに寄与する。またエクソソームは、薬学的な観点からも優位性が高く、次世代の薬物運搬体として大きく期待されている。現在我々の研究グループは、機能性ペプチド修飾型エクソソームを基盤にした薬物送達ツールの開発研究を進めており、例えば、pH感受性膜融合ペプチドを利用したエクソソーム内包薬物(抗がん剤等)の高効率なサイトゾル放出技術や、人工ヘリックスペプチドを用いた受容体標的技術等について紹介する。

想定される活用例
患者からの採取エクソソームを用いたテーラーメード治療・診断技術への応用。個々に必要な治療薬・診断薬をオンデマンドにエクソソームに搭載させ、標的細胞への薬物送達に活用できることが考えられる。

 

展示のみどころ
抗がん剤等を内包したエクソソームに機能性ペプチドを修飾することで、がん細胞受容体の標的化や細胞内移行促進に関する詳細な知見・技術を解説。

特許情報

特許情報1 発明の名称
外来物質の細胞内への導入方法ならびに該方法に用いる材料
特許情報1 出願人
大阪府立大学、東亞合成株式会社
特許情報1 発明者
中瀬生彦、吉田徹彦、小林菜穂子
特許情報1 出願日
2014/11/13
特許情報1 出願番号
特許願2014-230472

お問い合わせ先

大阪府立大学 研究推進機構 21世紀科学研究センター NanoSquare拠点研究所 中瀬研究室

電話:072-254-9895   FAX:072-254-9895  

URL:http://nakaselab.com

プライバシーポリシー
Copyright © 2017   イノベーション・ジャパン2017運営事務局 All Rights Reserved.

PageTop