イノベーション・ジャパン2017 ~大学見本市&ビジネスマッチング~
Innovation Japan 2017
Home > 出展者一覧 > 大阪府立大学 大学院工学研究科 物質・化学系専攻 応用化学分野
ライフサイエンス

大阪府立大学 大学院工学研究科 物質・化学系専攻 応用化学分野

弓場英司 助教

小間L-46
プレ0901-東1-A-06

免疫を活性化して、ワクチンを細胞内に運ぶ。カルボキシ化多糖の力

Osaka Prefecture University

Assistant Professor Yuba Eiji

Carboxylated polysaccharides that activate immune response and deliver vaccine antigen into immune cells

3 すべての人に 健康と福祉を
出展ゾーン
大学等シーズ展示
出展分野
ライフサイエンス
小間番号
L-46
JSTショートプレゼン
0901-東1-A-06
9月1日(金)
JSTショートプレゼン東1-A
11:00

展示概要

技術概要
本研究は、免疫細胞の活性化機能と、抗原の細胞内導入機能を併せ持つ機能性多糖で修飾したリポソームを用いる、免疫誘導システムに関するものである。本システムは免疫細胞に特異的に認識され活性化するとともに、細胞内に取り込まれた後、エンドソーム内の弱酸性環境に応答してエンドソームと融合し、細胞内に効率良く抗原を搬送した。さらに本システムは、アジュバントなしでも強力な免疫誘導能を持ち、合成脂質との組み合わせによってその免疫誘導能を飛躍的に高められることから、免疫誘導システムとして有用性・実用性が高い。

想定される活用例
・がん免疫療法用の免疫誘導システム
・新規アジュバント
・感染症用ワクチン担体
・生理活性分子(遺伝子、ペプチドなど)の細胞内デリバリーシステム

 

展示のみどころ
機能性多糖の詳細な合成法について、実物の合成サンプルを示しながら説明いたします。また、合成した機能性多糖の免疫細胞活性化作用と、生理活性分子の細胞内デリバリーに関するデータを展示します。また、抗原デリバリーへの応用については、担がんモデルマウスにおける免疫誘導、がん治療実験に関するデータを示し、本技術の応用例および有用性を詳細に説明させていただきます。

特許情報

特許情報1 発明の名称
pH応答性リポソーム
特許情報1 出願人
公立大学法人大阪府立大学
特許情報1 発明者
弓場 英司、田島 直樹、河野 健司
特許情報1 出願日
2011/5/6
特許情報1 出願番号
特願2011-103692
特許情報2 発明の名称
出願中
特許情報2 出願人
公立大学法人大阪府立大学、テルモ㈱
特許情報2 発明者
弓場英司、河野健司、門柚奈、小岩井一倫、坂口奈央樹
特許情報2 出願日
2016/11/1
特許情報2 出願番号
出願中
特許情報3 発明の名称
出願中
特許情報3 出願人
公立大学法人大阪府立大学
特許情報3 発明者
弓場英司、深谷佳樹
特許情報3 出願日
2017/7/12
特許情報3 出願番号
出願中

お問い合わせ先

大阪府立大学大学院工学研究科応用化学分野生体高分子化学研究グループ

電話:072-254-9913   FAX:072-254-9330  

URL:http://www2.chem.osakafu-u.ac.jp/ohka/ohka9/index.htm

プライバシーポリシー
Copyright © 2017   イノベーション・ジャパン2017運営事務局 All Rights Reserved.

PageTop