イノベーション・ジャパン2017 ~大学見本市&ビジネスマッチング~
Innovation Japan 2017
Home > 出展者一覧 > 大阪府立大学 研究推進機構 NanoSquare拠点研究所
ライフサイエンス

大阪府立大学 研究推進機構 NanoSquare拠点研究所

萩原将也 講師

小間L-47
プレ0901-東1-A-07

細胞組織培養における計測・制御プラットフォームの開発

Osaka Prefecture University

Hagiwara Masaya

Control and Sensing Platform for in vitro 3D tissue culture

9 産業と技術革新の 基盤をつくろう
出展ゾーン
大学等シーズ展示
出展分野
ライフサイエンス
小間番号
L-47
JSTショートプレゼン
0901-東1-A-07
9月1日(金)
JSTショートプレゼン東1-A
11:05

展示概要

技術概要
本展示品では、樹脂性の立方体フレームに2種類を架橋したデバイスを作製することにより、細胞組織の三次元培養を行いながら、最大6面から観察可能な培養装置を開発した。これにより、低倍レンズを用いても焦点深度に依存することなく高解像度にイメージング可能である。さらに本培養器を搭載可能なマイクロ流体チップを開発した。これにより培養系と制御系を分けてワンタッチで統合可能となり、誰でも簡単に利用可能なデバイスとした。

想定される活用例
・iPS由来細胞を用いた三次元培養による新薬開発
・三次元組織構築による再生医療応用
・三次元疾患モデルを用いた病理解明
・複数臓器モデルを含むBody on a Chipの開発

 

展示のみどころ
細胞組織の三次元培養を行う為のCUBE型デバイスおよび細胞周囲の因子を制御するためのマイクロ流体チップの実物を展示します。またCUBE型デバイスを用いて培養サンプルを多面的に観察することにより、低倍レンズで高解像度にイメージング可能であることを実証するイメージング動画を併せて展示予定です。

 

多面観察可能な3次元培養器

多面観察可能な3次元培養器

Cube-in-chip

Cube-in-chip

特許情報

特許情報1 発明の名称
細胞培養容器、観察用試料セルおよび細胞培養方法
特許情報1 出願人
大阪府立大学、九州工業大学
特許情報1 発明者
萩原将也、川原知洋
特許情報1 出願日
2017/2/15
特許情報1 出願番号
2017-26036
特許情報2 発明の名称
細胞培養用流体チップ
特許情報2 出願人
大阪府立大学
特許情報2 発明者
萩原将也
特許情報2 出願日
2017/2/9
特許情報2 出願番号
2017-022223
特許情報3 発明の名称
細胞培養容器及び観察用試料セル
特許情報3 出願人
大阪府立大学、九州工業大学
特許情報3 発明者
萩原将也、川原知洋
特許情報3 出願日
2015/12/4
特許情報3 出願番号
20015-237526
プライバシーポリシー
Copyright © 2017   イノベーション・ジャパン2017運営事務局 All Rights Reserved.

PageTop